バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
新国立競技場問題は戦後一番の建築事件だ!
しばらくご無沙汰していました。
2013年1月13日以来ですので、2年半もご無沙汰してしまいました。
この間何をしていたのかというと、正直に言いますとFBに嵌っていたのです。
なんで嵌ってしまったのかを考えてみると、まったく知らなかった人たちとの意見共有の同時性の魅力が一番だと思います。

その最たるテーマが神宮外苑に建設予定の新国立競技場問題です。

もう2年前になりますが、安藤忠雄氏が審査委員長となる新国立競技設計コンペが実施され、流線型のまるで自転車のヘルメットの様な屋根を乗せたザハ案が『躍動感がありスポーツ施設に相応しい』という理由で選出されました。
選ばれる前から敷地近くにある都体育館を設計した槇文彦氏が、そのボリュームと高さにスケールアウトしていると異議を申し立ててきました。
この2年近くの間、この問題に関してFB友たちの間でリアルタイムで熱く議論を重ねてきました。そのことによって、問題の深い所まで認識し共有することができ、ソーシャルメディアの有効性を実感した訳です。その結果、今回の設計コンペは外苑の周辺を高層化しその不動産利権の為に使われたカモフラージュだったことが濃厚となった訳です。それを推進したのが石原元都知事と森元首相で現五輪組織委員長で、彼らが文科省でTOTOのサッカークジで自由な金を使える立場にあるJSCの河野委員長を使って推進していることが明らかになりました。

建築の問題だけにとらわれずに市民レベルの反対運動にまで発展し社会問題化となったのです。
しかし、私たちの問題点を指摘し大反対があったにもかかわらず、当事者の方々は一切聞く耳を持たず, 頑なに『この道しかない』と『粛々と』ザハの案でこの2年近く強引に進めて行きました。
その間に伊東豊雄氏からの国立競技場の素晴らしい改修案がでましたが、彼らは『外野は黙っていろ』という傲慢な態度で栄光の64年東京オリンピックの国立競技場を破壊してしまいました。
ところが、今になって『躍動感がありスポーツ施設に相応しい』という理由でザハの案で突き進んでいたのにもかかわらず、工期と建設会社との見積もりが合わないので、この流線型の屋根はオリンピック終了後になるということが明らかになりました。
これは明らかに『外野』といわれた私たちFB友達の勝利です。
ここまで来ると新国立競技場問題は戦後70年、建築界の一番の事件ということになります。

 
| u1arc | 建築文化遺産 | 19:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
今年もサンアントニオのパレードがやって来た!


楽団の太鼓の音と共に今年もサンアントニオのパレードがやって来た。



今年はヘルニアで療養中のマツとベランダでお出迎え。



マツの背骨のヘルニアが治ってまたサンクガットの森を走れますようにとサンアントニオに祈りを捧げる。



サンアントニオの後は地元馬術クラブの行列。



フォーマルにカッコ良く決めている。



その後は小さめのポニーに乗った子供たちを母親が連れ添う。



馬術クラブの行列の後は様々な荷馬車が通る。



その中でアンダルーススタイルに決めて馬と一緒にフラメンコのパソを踊る。これぞスペイン馬術の極意。







プドウ収穫の籠を載せたロバ。



ワイン樽を曳く馬車。









カタルーニャの民族衣装を着たおじさんがカタルーニャと独立共和国の旗を立てお気に入りのバルサの選手の写真を下げた荷車を曳いての行進。



松の丸太を積んだ荷車。うまく荷崩れしないようにロープ掛けしている。





パレード最後は颯爽とした美女の乗馬姿。

これで2013年、サンクガットの街のサンアントニオのパレードが終わった、



| u1arc | サンクガットの街 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今年のサンクガットのレジェスマゴス=東方の三賢王のパレード
昨日1月5日はスペイン恒例のレジェスマゴスの日。

4年前は本場バルセロナのRejes Magos=東方の三賢王のパレードを見たが、ここ数年は自宅テラスからサンクガットのレジェスマゴスのパレードを見るようになった。

前の道路が騒がしくなりパレードが始まったらしい。
さっそくテラスに出てみると、大勢の人が道の両側に集まっていてパレードが来るのを待っている。お隣さんも子供たちと見物で挨拶を交わす。この時ばかりは大人も子供も一緒になってワクワクしている。



最初のパレードの車が来た。



トラックの荷台にはピーターパンの衣装をきた子供たちが乗っていて沿道の人々に飴を投げている。
横では同じようにコスプレした親たちが楽しげに踊り始めた。



キティちゃんも登場。昨年はドラエモンであった。



バルサファンの子供たちを乗せた車。



サングガット風にトラクターにひかれデキシージャズ楽団の登場。



紙ふぶきが舞い、



きれいな黄色いドレスで着飾って愛想を振りまく可愛い娘さん達。



三賢人の一番目メルキオール。今年は雪の玉座風の椅子に座っている。ここでレジェスマゴスパレードの最高潮を迎える。



2番目はガスパール



最後は一番人気の黒人の王様バルタサールとなる。

 2013年、今年のレジェスマゴスのパレードが過ぎて行く。


| u1arc | サンクガットの街 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2013年 バルセロナより新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年2013年もバルセロナでおせち料理を作り新年を迎えることができました。
バルセロナでは新鮮な食材を街の市場で手に入れることができます。
その中でもクリスマスシーズン、豊富で良い食材の集まるランブラスのボケリアの市場へ市民は買い求めに行きます。

私もバルセロナ郊外のサンクガットに住んでいるのですが、毎年、特別にアイスボックスを持って車で買い求めに行っています。

クリスマスにはこのマヨルカ島産の大きな伊勢海老2匹を、そして大晦日には3.7キロのガリシアの大ダコ、2キロ近くあるサクラ鯛(スペインでは黒っぽい鯛をドラダ、サクラ色の鯛をベスーゴと呼ぶ。)
車海老大と中生きたもの12匹づつと鴨肉2パックの買い物でした。今年は不況のせいかレストランでなく家で過ごす人が多いようで、たくさんの人で身動き取れないほど市場は混んでいました。去年に比べ、曜日と漁に恵まれたせいか素晴らしい食材が手に入りました。



クリスマスにいただいた伊勢海老。
生きたものを真っ二つに包丁で割って、そのままオーブンで焼きマヨネで食べる。
豪快な食べ方であるが、それが伊勢海老の一番美味しいべ方であると思う。

その食材を使った2013年のおせち料理。
今年は息子の友達2人だけであったので、家庭的なお節。

1.鯛の刺身
2.タコの刺身
3.車海老
4.柿なます
5.ダシマキ卵
6.鯛カマボコとマヨネ明太ソースがけ
7.ほうれん草の胡麻あえ
8.鴨肉オーブン焼き 特別ソースかけ

御屠蘇
CAVA Brut Nature
ワイン 2006年 Priorat

デザート
buboのTURRON
仙台銘菓 萩の月(息子の友人の日本からのお土産)



マツとランが欲しそうに覗き込んでいる。
江戸中期の若狭塗りのお重に入れられたお節料理。右のシャンペンクラスは昨年プラハのお城で買い求めたボヘミアングラスの火の鳥のカットグラス。古伊万里の須恵器に添えられた柿なます。



 




手前、古伊万里の彩色陶器に漏られたガリシア産大タコの酢の物。
奥、チェコの陶器に鴨肉をトーストして特性タレをかけたもの。



立派な大鯛の姿作りの刺身。
スペイン、ビスバル製の大皿に盛り付け。

世界に誇れる日本の食文化。
日本の正月をスペイン、バルセロナで迎え27年目となる。
日本人に生れて良かったと思える時である。

さあ今年も頑張ろう!
| u1arc | バルセロナの街 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
バルセロナよりクリスマスメール送ります
 
| u1arc | 作庭 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ