バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
モネオのふるさと Tudela2 


先週、彫刻家の友人の展覧会が生れ故郷のTudelaであったので泊りがけで行ってきた。次の日の新聞には、彼の記事が大きく写真入で紹介され、その奥にはカメラを提げて展覧会を見ている私も写っていてインターナショナルな雰囲気の展覧会になっていた。
先回のブログ『モネオのふるさと Tudela』で紹介した、バルセロナから車で4時間程のナバーラ第二の町である。町はイベリア半島内陸部にあるが、13世紀、中世にはエブロ川の水運で地中海交易も盛んで、サンチャゴへの巡礼の道でもあったのでロマネスク建築はカタルーニャのものより大分規模が大きく立派なものである。しかし、今ではこれといった産業もないので、街並は昔のレンガ積みの建物とコンクリートの建物が雑然と入り混じったスペインの普通の地方都市といった感じである。
それでも牧歌的で自然に恵まれ、エブロ川沿いの肥沃な土地で取れる野菜が美味しくスペインで現在一番住みやすい地方と言われている。人々も、ゆったりとしていて豊かな感じがする。街にはどういうわけか、美味しいケーキ屋さんが多い甘党の町なのである。
その街の中にレンガ積みの立派な建物がある。今は市の博物館となっているが、元はあの世界の建築家、ラファエル・モネオ家のお屋敷だったそうである。(写真1)
友人の87歳のお母さんのお宅で、美味しい手料理をご馳走になったが、その話の中でお母さんの親戚がモネオ家との姻戚関係があるとのことで、第二の名字がVallesで同じだと話していた。そういえば、友人夫婦の子はバルセロナ工科大学、建築学部に行っているし、従兄弟はTudelaで建築事務所をやっているし、親戚にも建築関係が多い。ラファエル・モネオはこの町Tudelaの誇りとなっているのである。
つい先日、マドリッドのプラド美術館の大増築工事が完成して、国王出席の元、オープニングセレモニーが開催され、益々スペインの顔として登場する機会が増えてきた。私がガウディの次に知ったスペインの建築家はモネオ氏であった。筑波万博で働いていた85年当時、槙文彦事務所で働いていた青木淳さんにハーバードの建築学生を案内して欲しいと頼まれた。そして彼らを磯崎氏設計の筑波センタービルに案内して昼食をしていた時に、スペインへ留学する話をしたら、自分たちの先生がスペイン人建築家のラファエル・モネオで、その作品(メリダのローマ歴史博物館)がProgres Architecture誌に丁度掲載されたところだということがきっかけであった。当時、日本では全くといっていいほど知られていない存在であった。それから20年余りの年を経て、彼の生家を訪れることになったのである。下の写真は、Tudela唯一の彼の作品、高齢者の為のアパート。余り面白くない建物なので紹介されていないのではないかと思う。
プラド美術館のプロジェクトも終わり,少し手が空いてきたので,ふるさとTudelaにその豊潤なロマネスク建築を生かした文化施設のプロジェクトの話が動き出したという。
メリダの古代ローマ博物館を超える彼の建築に期待しよう。
Tudelaのお土産には、友人お勧めのトゥルハと呼ばれるチョコレートボンボンとメルカドで売られていてバルセロナではなかなか手に入らない新鮮な野菜、アチコリア、茎つきアーティチョーク、それにワインは地元の98年ものグランリザーブを荷物に一杯詰めて収穫の多い小旅行となった。
| u1arc | ラファエル モネオ | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
モネオのふるさと Tudela




この写真は、トゥデラ(Tudela)というサラゴサからエブロ川沿いに80キロほど北西へ行った町のカテドラルである。友人の地元なので一度は行ってみたいと思っていたが、今回のマドリッドからの帰路の途中で寄ってみた。細く、曲がりくねった道を何度も迷って、ようやく旧市街の中心にあるカテドラルに着くことが出来た。ヘミングウェイで有名になった牛追いのパンプローナに次ぐこの地方第2の町であるが、観光的にはほとんど知られていない。友人のお国自慢を何度も聞かされて、今回行くことを思い立ったのである。この町は、世界文化遺産にも登録されている『サンチャゴへの巡礼の道』沿いにある。フランス側からピレネー山脈を越え、ロマネスク期に当たる11〜12世紀にはヨーロッパ中からたくさんの巡礼者が来たという。当時はスペインでも重要な町であったのである。その様子が、観光客のほとんど来ないこのカテドラルで伺い知ることが出来る。特に正面ロマネスク彫刻の8層のアーチ入口と2本と3本の柱で支えているアーチの回廊は、スペインで見たどのロマネスク教会のものよりも立派なものであった。カテドラルそのものは15世紀スペインゴシック期に大改築されていて、その後16世紀後半のルネサンス期,18世紀バロック期とエポック毎に付け足して増築を行っていることが分かる。3,4枚目の写真は、天使がいっぱい降臨してくるレンガ積みの巨大なバロックの礼拝堂。
10世紀頃のトゥデラは、ユダヤ教徒と共存したアラブ文化の花開いていたが、12世紀初めにカトリック勢力にレコンキスタ(再征服)され、コルドバ同様、破壊されたメスキータの上にこのカテドラル教会が建てられ、現在の中世の複雑な街並みが形成されている。11世紀終りに、ここからエブロ川を500キロ下り、地中海に出てエルサレムと交易したというユダヤの商人ベンジャミンがこの町の誇りとして語り継がれている(友人から)。当時スペインでも内陸でありながら、この水上ルートによりかなりの国際文化都市であったことが伺い知れる。
ハーバード大学の建築学部長を勤め、スペインを代表する建築家,ラファエル・モネオはこのトゥデラ出身であるが、重層的なスペイン建築をベースとしながら、モダンな建築をデザインするという建築手法は、この町の伝統を受け継いでいるところからきているのだという事が分かった。
| u1arc | ラファエル モネオ | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ