バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
ピレネー山奥の教会(Jaca)にも聖杯=Sant Caliz発見!


この夏の三つ目の出来事は、ピレネーロマネスク教会を巡る2000キロの旅で行ったハカ(Jaca)のサン・フアン・デ・ラ・ペニャ修道院跡の『聖杯』発見である。



ハングオーバーした大岩壁にすっぽりと収まるように教会は造られている。
22年前来た時には、岩陰に投げ込み寺の様に建っている不思議なロマネスク教会だなと思っていた。
4年前に聖杯の辿ってきた道を調べていくと1071〜1399年までの間はここに隠されていたことが分かったので、今回、是非立ち寄ってみたいと思っていたのである。

1071年という年はアラゴン王サンチョ・ラミネスが修道院の新教会の建設に着手すると同時にフランスからクリュニー会派の修道士達を招いて改革を委ねていた時期とある。
現在の建物はほぼその時に改築されたものと考えてよいと思われる。

 

下の写真はこの建物一階部分の内部奥の岩壁側にある祭壇部分。
馬蹄形開口部のスペインでアラブ化したモサラベ様式と言われているが、よく見ると西ゴート伝統のローマ、ビザンチン建築に近いような気がする。
半円ボールトの両端を柱で支えていて柱が少し内側に入り込んでいる分、半円より状に少しすぼまった曲線になっている過半円状である。イスラム建築のボールトは過半円状ではなく、もっと縦長の曲線でいわゆる馬蹄形である。
なので、この部分の建築は西ゴート建築の特徴である3位一体以前のアリウス派の初期キリスト建築であるといえる。
一般的にはプレ=前期ロマネスクと言われている。

西ゴート王国はローマ帝国崩壊後の民族大移動で、北のゲルマン民族が5世紀から南フランスからピレネー山脈を超え、現在のスペインのほぼ全域を領土に持ち、イスラム勢力に侵略される8世紀まで300年以上続いた巨大なキリスト教王国であった。
首都はピレネーの北に位置するフランスのトゥールーズであったが、南フランスのナルボンヌ、アリウス派からアタナシウス派のローマカトリックに改宗したレカルデロ1世の時(586−601)にはスペイン中央部のトレドに遷都している。
300年にわたりピレネーを又にかけ、現在のスペインと南フランスに存在していたのであるが、その文化に関してはその後、ビザンティン、ローマカトリック、イスラム、によって侵略、破壊され失われてしまっていて謎の部分が多い。



開口部の過半円ボールト部分は切石で綺麗に積み上げられている。
ボールト部分のうけの部分はしっかりと大き目の柱頭で受けて、円柱や付柱でしっかり支えている。



2階部分は綺麗に半円トンネルボールト状に積まれた石積み天井である。
正面ファサード上部の開口部はやはり3つの半円ボールト窓が穿たれている。
これは325年ニカイヤ第一回公会議でアリウス派は異端とされ、Trinidad=三位一体のカトリック根本原理が承認された、その建築象徴化であると思われる。
ここで西ゴート建築の2つの小さな窓で象徴化されているアリウスキリスト建築は、その上に3つの大きな窓で象徴化された父と子と精霊の三位一体原理にとって変えられたのである。



2階にあるロマネスク様式の祭壇。
祭壇中央に『聖杯』を発見!!!

その時に重要な役割を果たしたのが、ローマで殉教したロレンソ=ローレンスの元から生れ故郷のサラゴサに送られてきたというこの『聖杯』ではなかったかと思われる。

サンチャゴの墓は、813年にイベリア半島の北西の果で奇跡的に発見されたという歴史的記述がある。718年にペラヨがコバドンガでイスラム勢力勝利し、アストリア王国を建設したほぼ100年後に当たる。
その後、ローマカトリック教会において最高のキリストの聖遺物で、ピレネー山脈のほほ中心に位置する、ここハカを対イスラム、レコンキスタへの戦略『サンチャゴへの道』作戦の拠点としたのではないだろうか?

この時期ヴェズレーでは、マグラダのマリアの骨がマドレーヌ寺院の聖遺物となり、フランス側の『サンチャゴの道』の起点となっている。
また、1164年にはケルンの大聖堂には赤顎鬚王Frederic1世がミラノカテドラルから東方の三賢王=Reyes Magosの聖棺を略奪して持ち込まれた。
当時、聖十字架、モーゼの鞭の最も重要とされた3聖遺物の一つである。

ハカのピレネーを越えたフランス側にはかつて西ゴート王国の首都トロサ(トゥールーズ)があり、この時期、巡礼教会としてサン・セルナン教会がロマネスク様式に改築されている。

フランス北部のブルゴーニュのウェズレー−>トゥールーズ−>ハカが線で結ばれ『サンチャゴへの道』として整備され、ローマカトリックによるレコンキスタ戦略体制が出来上がって行ったようだ。

#先程ヴィオレ・ル・デュクの年譜を確認すると偶然にもこれと同じ線が引けた!
 1833年デュクはこの年20歳の時に結婚相手エリザベトに出会い、5ヶ月にわたりフランス西南部を大旅行し、ピレネーの美しい風景を描いた作品は翌年サロンで入賞した。画家として認められたので彼女と結婚した。デュクにとってピレネーの山は運命を決めた場所であり、最初の修復の仕事は1840年ヴェズレーのラ・マドレーヌ教会で、晩年1870年トゥールーズのサン・セルナン教会の修復工事を完成させている。



これが今回あった『聖杯』の拡大写真。
バレンシア大聖堂のレプリカを最近置いたらしい。
もちろん、キリストが最後の晩餐で使ったものはパレスチナガラス製であったらしく、聖遺物して崇拝されるようになってから、後の時代にグラスを高価な黒メノウで覆い、10世紀には台座が宝石、真珠で装飾され、12〜13世紀には取っ手が付けられ現在のゴージャスなカップになったとのことである。
最近のイタリア人の考古学者による研究では、ローマのサン・ロレンソの墓から聖杯が見つかり、その内の一つを大グレゴリウスローマ法王(586−601)がアリウス派からアタナシウス(三位一体)派に改宗したレカレド西ゴート王へ送ったという記述があるとのことで、聖遺物によるローマカトリック教会の権威を高めることがこの時期盛んに行われていて、それがこの聖杯という説も出てきている。



ロマネスク回廊から礼拝堂部分を臨む。
左、過半円アーチの10世紀西ゴート様式の入口。上部中ほど、半円アーチ窓の11世紀ロマネスク様式、右端は尖頭アーチの15世紀、火炎式ゴシック様式のサン・ヴィクトリアの礼拝堂。
この部分だけで3つの建築様式が500年の長い歴史を経て現在に存在している。

文献・書物には残っていなくても、現在残っている建築の姿を見て、19世紀デュクが行った建築学的方法で分析し、当時の社会的状況を合わせて考え長いヨーロッパの歴史に思いを馳せることは楽しみの一つとなっている。

やはり建築は文化の生み出す産物であり、長い歴史の中で生き抜いて、現在に存在する文化遺産であることを実感する。

この激動の21世紀において、長い歴史のスパンで考え、過去の建築論、建築史を再研究&構築する建築史の方法の重要性が増してきているように思う。



| u1arc | 聖杯伝説 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
バレンシア大聖堂には本物の聖杯があった。
バレンシア大聖堂には本物の聖杯があるといわれ、以前から行きたいと思っていたがそれが今回の旅行でようやく実現した。

バレンシアには何度も行ったことがあるが、大聖堂は旧市街の中心部の旅行者には分かりにくい所にあり、実際に行ってみてもどこが大聖堂の入口かもはっきりしない。
これは外部の人間の侵入から聖杯の場所を知られないように迷路状にして,旧市街全体が迷宮になっているのではないかと思わせる。



どこが大聖堂のファサードだか分からないし、正面入口はどこであろうか?



左のバロック建築が大聖堂入口であった。
入口の上部には美しい繊細な天使像が彫られている。
この部分は18世紀の初めにドイツの建築家によってバロック様式で増築されたものである。
さすがにイタリアで修行を積んだだけあって、ボロミーニのサンカルロ寺院、ベルニーニのサンタンドレア寺院を思わせる。
スペインバロック建築にはない繊細な仕上がりである。



美しい天使像に囲まれた黒いラインのシンボルは、その形から、征服王ハイメ1世をアラブ勢力の夜襲から守り、バレンシアの守り神になっているコウモリであると思われる。



バロック建築特有の楕円の凹凸の切り替えしのある曲面にコリントの円柱で装飾的に飾り立てている。



右の三角おにぎり型の窓がついたのが聖杯のある礼拝堂。15世紀カタルーニャゴシックの重厚な建物。アルフォンソ浩い聖杯を収める為に造らせたものだ。
こちらの外観は装飾で飾り立ててなく、いたってシンプルである。



入口を入って右側の部屋に大きなキリストの磔の彫刻がある。ステンドグラスの様々な色の光を受け神秘的である。
この部屋を奥に進むと、石積みのリブボールトのゴシック様式の天井にキリストの物語を掘り込んだ装飾的なレリーフ、その中央部ニッチの奥には聖杯がガラスのケースの中に収まっている。





           !!!これが伝説の聖杯!!!

聖杯は直径15cm高さ7cmで黒メノウでできていて、それを金属性の取っ手のある台が付いている。
黒メノウの部分は、ローマ時代、紀元1世紀にエジプトで作られたもので、台のパールなど宝石の付いた部分は10世紀アラブ時代、取っての部分は12〜13世紀に作られたことが分かっている。
2006年7月11日には現在のローマ法王のベネディクト16世がこの聖杯を用いてミサを行っていて、本物の聖杯としてお墨付きを与えているのである。

この聖杯がここに至るまでの経緯を調べてみると、カトリック王国スペインの歴史をそのまま物語っている重要なものであることがわかる。
ローマ皇帝(Valeriano)によってキリスト教が迫害を受け、西暦258年にSixto胸丙廚忙鼎┐討い申祭のロレンソ(Lorenzo)も鉄格子の上で焼かれて殉教した。
聖杯は福音書を書いたマルコのファミリーが所有していて、ローマでキリスト教の布教活動を始めたピエトロへ渡ったことになっていた。その時に聖使徒ピエトロの持っていた最上級のキリストの聖遺物=聖杯(最後の晩餐に使われたもの)を受け取っていて、彼の生まれたスペインのピレネー・アラゴンの村、ウエスカ(huesca)に送ったというのが事の始まりらしい。

その聖杯はアラブ勢力の侵攻のあった9世紀には、ピレネーの山のYebraの洞窟に隠されたり、転々と場所を変え、11世紀には、Jaca近くにあるSan Juan de la pena修道院に移された。
それを1399年にマルティン王がバルセロナの自分の宮殿に運び込み、さらにアルフォンソ5世がアラブ勢力を撃退した後、バルセロナからバレンシア遷都し新しくできた宮殿に持ち込んだということがスペインの公文書に書かれている。
この時期シシリア、ナポリの王も兼ねていてスペインが地中海を制圧していたので、イタリアルネサンス文化の繁栄を謳歌していた。

『聖杯(Santo Caliz)』はスペイン中世の新しいキリスト教の聖都建設にはなくてはならないお宝だったのである。

 13世紀ハイメ1世征服王がメスキータの建っていた所で、現在のカテドラル後陣にある礼拝堂には最初にミサを行ったという。その名も、サン・ジョルディ礼拝堂。以前にも書いたが、ハイメ1世と白馬に乗ったサン・ジョルディはレコンキスタの守護神としてダブルイメージされている。



サン・ジョルディ礼拝所にかかっている絵。白馬に跨っているのがサン・ジョルディ=ハイメ1世。

カテドラル内にある模型によって、聖杯によってカテドラルの建物がレ-インタープレットをして再生・進化してきたことが解る。



13世紀、シトー派、シスターズトライアングル、サンタ・クレウス修道院のプレ・ゴシック建築様式に近い。中央交差部には8角形塔状のcimborriaが建つ。



15世紀、手前四角い箱の建物がカタルーニャ・ゴシック様式の聖杯礼拝堂。



16、17世紀、スペインルネサンス、バロック様式の入口部分が増築され、鐘楼、聖杯礼拝堂と合体し、内部もスペインルネサンスのイコン装飾で豪華に飾り立てる。



正面入口を入った所から主廊、中央交差部、後陣祭壇部を望む。



中央交差部cimborriaと呼ばれる8角形の光塔。窓の部分はステンドクラスではなく、アラバスター(雪花石膏)が嵌め込まれてある。このおかげで堂内は明るい。8角形は天を表す神秘の幾何学形で、そこから降り注ぐ光は神そのものであるというカトリックの考えによるもの。

これだけ立派なcimborriaは今まで見たことがない。



祭壇部はバロック様式でゴテゴテと飾り立てている。天井には真っ青な空に、たくさんの天使が描かれている。



大天使ミカエルの絵と思われる。



聖人の遺骸が納められた金のパンテオン。
釈迦の骨を収めた仏舎利塔のようである。
宗教と建築デザインは昔から重要なテーマである。



聖人の聖遺骸は古典的な建築デザインでレインタープレットされ飾り立てられて収められ、宝の如く扱われる。



マリアとキリスト像のまわりには金や銀の様々な聖杯が造られてきている。



これはイエズス会第二の創始者といわれるフランシスコ・ボルハの礼拝堂。
バレンシアのGandiaの貴族の出なのであるが、聖杯を守るようにしてその礼拝堂はあった。
やはり、スペインルネサンスはBorja家が鍵を握っている。
正面の絵はゴヤによるグラナダにあるスペイン・ハクスブルグ王家礼拝堂でのボルハを描いたもの。
カルロス1世兼カール5世神聖ローマ皇帝の側近当時、イザベル王妃葬式の様子を描いたもの。

イグナシオ・ヨロラの聖窟教会からバレンシアカテドラルへとまた線が繋がった。

聖杯をスペインにもたらしたといわれるロレンソ(Lorenzo)はローマで鉄格子の上で丸焼きにされ殉教したが、スペインルネサンス建築の宝として格子状のフォルムのデザインでエル エスコリアル、サン ロレンソ寺院として甦った。

『聖杯』=ローマ法王のキリスト教権力と結びつき中世ヨーロッパの歴史が作られ、古代ローマ時代からの歴史を知らずしてスペインの建築史は語れないことを実感する。

| u1arc | 聖杯伝説 | 13:54 | comments(2) | trackbacks(0) | -
秋晴れのモンセラットへダル連れハイキング
 昨年に続きモンセラットへダル連れハイキングが昨日秋晴れの日曜日に行われた。

モンセラットの麓のコルバト村に住み、郷土史家でもありモンセラのことは知り尽くしているアスンプタ夫人により企画された。彼女は私たちのマツの子、愛犬ダナのオーナーでもある。今回は9世紀に造られたという対アラブの為のモンセラの城跡を見るルートで、人も少なく犬を散歩させやすいコースを考えてくれた。



モンセラット自然公園の標識



ダルファミリーズ



サン・パウ・デ・ラ・グアルディアを望む。

車でモンセラの西の村、サン・パウ・デ・ラ・グアルディアまで行き、そこからなだらかな坂道をダルたちと登るコースだ。この村は中世はオスタルのあるモンセラに行く手前の村として栄えていたらしい。
モンセラを通るサンチャゴへの道のカタルーニャコースだったらしい。現在もそのコースの標識が立っている。また,レリダ、サラゴサ、マドリッドへの道で、400年程前に天正の少年遺欧使節団、支倉常長の慶長の使節団がモンセラットの修道院へ行く為に通った道でもあるらしい。

普通のハイキングコースではない、日本とスペイン、ローマへと繋がる歴史的に重要な道であったのだ!



『サンチャゴへの道』カタルーニャルートのカタラン語表示。[CAMI DE SAINT JAUME]



森の向こうに奇岩の連なるモンセラが見える。



バイク好きで、焼きネギパーティの時に大活躍するジョルディがこの日着てきたTシャツ。

9世紀カタルーニャ最初に対アラブのレコンキスタの為に造られた城らしい。今は城はないが、僅かに教会跡が残っている。この城はワグナーの『パルジファル』舞台のモンサルヴァート城のモデルとなったらしい。
ケネス・フランプトン 『現代建築史』青土社 p120
「中世の伝説によれば、ワグナーが楽劇『パジルファル』の中で讃えたように「聖杯」はモンサルヴァート城の中に秘匿されていたが、この城の位置がモンセラートであることが近年確認されたのである。」
とある。
アスンプタによると彼女の住むコルバト村にはワグナーが滞在していたらしい。
モンセラ=黒いマリア=聖杯伝説=ワグナーと思いがけず繋がってきた。



18世紀、火による交信をした塔の廃墟。



屏風のように奇岩が聳え立つモンセラの山。



奇岩の手前にある小高い山の部分に城があり、その右側の麓の部分に教会跡が残っている。
この場所に12世紀まで城があったという説明であった。
モンサルヴァート城跡か!?!
と言うことはそれまで聖杯はここに隠されていた可能性が高い。
左の端の奇岩は以前紹介した、[ロカ フォラダ]



ガウディはこの三角形の穴の開いたところに鐘を吊るし、カタルーニャ全土に向けて一日3回のお告げの鐘を鳴らす記念的な鐘をつけなければならないと考えた。

この不思議な風景を背景として中世の城が建っていたことを想像すると、『聖杯』がここで守られていたことが信じられる。

| u1arc | 聖杯伝説 | 01:28 | comments(0) | - | -
テンプル騎士団の城 Miravet

この水曜日、休みを取って、アーモンドの花が満開の早春のエブロ川へ行ってきた。
バルセロナから地中海沿いに西南へ約200キロの所にエブロ川のデルタ地帯がある。そこから川は始まり、北へサラゴサ、トゥデラ、パンプローナとイベリア半島を縦断している。このところカタルーニャは雨が降らず、貯水量が20%となりこのままだと4月から給水制限をしなくてはならない状況でも、このように滔々と川は流れている。写真をよく見ると、左の木に水藻の干からびたようなのがぶら下がっているが、水の多い時にはあそこまで水位は上がるのだろう。ここから200キロ上流のサラゴサでは、今年この水をテーマにした万博が開催される。今回の旅はこの川の向こうに見えるMiravet城を見ることが目的であった。8世紀にはイスラム勢力のエブロ川の水運を管理する重要な拠点として最初に城が築かれ、12世紀にはテンプル騎士団の城として知られている。ハイメ1世率いるレコンキスタ軍は、このカタルーニャ最西端の城を拠点としてバレンシアまで攻め入ったのである。


川幅も広く、水量の多いエブロ川では、車は今でも小さな船に乗せて対岸へ渡る。川からの城の眺めもよく、ゆったりとして観光気分満喫である。


断崖の岩の上に建てられた城。この部分川幅が広く、水平の川と垂直に伸びる城のコントラストの風景が美しい。


城の中庭の部分。正面はテンプル騎士団の時に作られた12世紀、ロマネスクの礼拝堂。石は柔らかい砂岩で出来ているので壁の侵食が進んでいるが、外壁の厚みは2mと分厚く積まれている。


礼拝堂内部。シンプルな半円ドーム。東の祭壇奥には、アラバストロ(石花石膏)の窓が中心から少し外してあり、堂内に柔らかい自然光を導きいれている。


屋上へ繋がる50cm幅の狭い廻り階段。階段は少し固めの石灰岩でできているが、写真のように長い年月で溶けたように磨り減っている。


屋上からのエブロ川の流れ。遠くまで見渡せ、見張りの城としての機能とすぐ真下を行き来する船を管理する機能を併せ持つ重要な城であったことが分かる。

ここから30キロ程下ると、地中海に繋がるエブロ川の河口になる。
そこには巨大デルタ地帯が広がり、エブロ米の田んぼが広がっている。ここでは日本種米『ひとめぼれ』も高級米として作られていて、スペイン米の5倍の値段でバルセロナの日本食材店で売られているが、白いご飯はこの米が旨い。昼食は、このデルタの浜のレストランで食べることにした。
この10年ほど通っているが、ここのガンバ(ボタン海老)の塩焼きと一年中食べられる生がきはいつ来ても新鮮でおいしい。やっぱりここに来て良かったと思える瞬間である。



| u1arc | 聖杯伝説 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
『新聖杯伝説』 サングレ レアル (王家の血脈)        サンテス・クレウスの聖棺



先日バイス三兄弟セルフビルドプロジェクトの現場に行った帰り道、前から気になっていたアラゴン=バルセロナの王たちの聖棺のあるサンテス・クレウスの修道院にもう一度寄ってみた。上の三枚の写真はその時に撮ったもの。もちろん聖杯に関する新たな手がかりを捜す為だ。当時の歴史を調べて行けば行くほど謎が深まって来た。
 映画『ダビンチコード』の元本とされる『レンヌ=ル=シャトーの謎(Holy Blood, Holy Grail)』は1982年にイギリスで出版され、BBCのドキュメンタリー番組となり,当時聖杯ブームを巻き起こしその宝探しに大勢の人々が押し寄せたらしい。南フランスのレンヌ=ル=シャトーと言うピレネーの小さな村が舞台となっているが、実は12,13世紀当時はアラゴン=バルセロナ伯爵領であったのだ。聖杯のことをフランス語で『graal』というが、San Graal>Sangreal>Sang Realとなり、これをスペイン語にすると『Sangre Real』で同じく『サングレ レアル(王家の血脈)』となり、ダビンチコードの根拠としている所となる。スペイン料理に欠かせない飲み物サングリアも実は、『Sangreal』から来ている。
(サングリアの作り方:http://www.bosquedesantcugat.com/ryouri/index.htm参照)
ワインはキリストにとっては血になるものなのである。キリストが磔にあって、槍を胸下から突き上げられた時に飛び散った血を受け取ったのがその杯で、それをマグラダのマリアが持って当時の南仏のプロバンス地方に逃れ、それがマドレーヌ伝説となったらしい。
実はマグラダのマリアがキリストの子を懐妊していて、南仏で産み、それが『聖杯=キリストの血脈』で現在もその血統を秘密裏に継いでいると物語仕立てにしたのがダビンチコードである。当時、南仏のプロバンスもアラゴン=バルセロナ領であったことを考えると、聖杯はフランスではなく、スペイン側にあると考えるのが妥当であると思われる。それに一番近いところにいたのが、シトー派の当時の総長ベルナールからこのサンテス・クレウス建設許可を得たアラゴン=バルセロナ伯爵領の王であったベレンゲール4世が鍵を握っているように思われてきた。実際にその三代後の征服王ハイメ一世がアラブ勢力をバレンシアから追い出すことに成功しているが、そのバレンシアの大聖堂には暗赤色のメノウで出来た聖杯とされているものが保管されているらしい。写真の赤色の大理石でできた聖棺は、ハイメ一世の子ペドロ三世のもので、この王に仕えたシチリア出身の大提督ロヘール・デ・ラウリアがエジプト,アレクサンドリアから持ってきた古代エジプト王の物とされている。
建築物とさまざまな文献を手掛かりに想像を膨らませて行くことにより、また新しい聖杯伝説に近づける。それにしてもヨーロッパの歴史はキリスト抜きには語れないことを実感する。
| u1arc | 聖杯伝説 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ