バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
2012年サンクガットの元旦
 2012年元旦 サンクガットの森から左モンセラット、右サン・リョレンス山の眺め。
この中央奥には20年前に設計に関わったバルセロナ日本人学校がある。
バルセロナの今年の始まりは穏やかに晴れ渡った。



お犬達もこの素晴らしい景色を眺めている。




2012年の初日を浴びる左からラン、マツ、ベル。


今年初採れのトランペタのキノコ。クリームシチュウと一緒に煮込みその上に生クリームをかけて食べると旨い。今年は正月から収穫があり縁起がいい。

2012年わが家のお節。





なます、カラシ蓮根のテンプラ、タコ、日本からのカマボコ、玉子焼きの5品にお煮しめ、鴨のロースト、今年は食べやすく地中海の鯛とマグロのにぎりとキュウリに乗ったウニなど。
ワインはナバラ地方のOCHOA2000 VENDIMIA SELECCIONADA の赤。

今年で26年目。スペイン、サンクガットで美味しい元旦を迎えられたことに感謝。
良い年の始まりとなった。




| u1arc | サンクガットの森 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
正月の森=bosque de Sant Cugatへの散歩



18世紀小浜の若狭塗りのお重に盛り付けられた
素材はバルセロナの純和風お節
車海老,なます、玉子焼き、大鯛の刺身、キノコおこわ、蕎麦巻き、
真蛸のカルパッシオ、お煮しめ、キクラゲの酢の物、鴨肉など



 2011年のお節料理

やはり鯛と蛸はさすがボケリアというぐらい絶品もので、きりりとした辛口のBruto natural 2007 reservaのCavaとの相性も良く、幸せモードで2011年の正月を迎えたことができた。

明け方まで降っていた雨も上がりきれいな青空が広がってきて、今年最初のサンクガットの森へ愛犬3匹を連れ散歩に行く。

いつもの眺望の良い場所で霧で少し霞んだ初モンセラットを拝む。





もうすぐ12歳になるベルママ



たくましく成長したマツ



昨年ママになったラン

みんな正月から元気一杯に森を駆け抜けている。

今年は正月からこの森のめぐみ美味しいキノコの収穫もあった。



左はカマグロック。お節のおこわはこのキノコとのの炊き込みご飯。このテンプラは絶品。
右はトロンペタ。このクリームシチュウは最高に美味い。

2011年は何か収穫の予感を感じさせる。
明日に期待しよう。




| u1arc | サンクガットの森 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2010年6月21日 夏至モンセラに沈む夕日
 久しぶりにマツとランを連れ、モンセラットの夏至の日の入りを見にサンクガットの森の尾根を上がる。

今日は快晴で雲一つない。夕日を見るには最高の日だ。
ランは出産後、初めての夕方の森の散歩となる。
9時半に眺望のきく尾根の頂上に到着。



太陽がモンセラットに吸い込まれるように沈んでいく。


それにしたがって聖山モンセラのシルエットが黒々と浮かび上がってくる。



神秘的な瞬間である。


この山の洞窟の中から見つかったカタルーニャの守護聖人=黒いマリヤ様の横顔に見えてきた。

やはり夏至の太陽の運行聖山モンセラには密接な関係がありそうである。



| u1arc | サンクガットの森 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ダルのパピーの名前が決まりました!
 

パピーの名前が決まりました。
男の子は木の名前、桂と樺
女の子は花の名前、ボタン、アヤメ、カリン、ユリ


詳しくはこちらで;サンクガットの森
http://www.bosquedesantcugat.com/ran/diary/index.html
| u1arc | サンクガットの森 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Ran Nacimiento=誕生
黄昏時、Can Negraの野原からサンクガット市街の眺め。
この夏至の時期、太陽はモンセラット山あたりに沈む。
9時半を回ったところであるが、まだこのように明るい。



サンクガットの森は 素晴らしい新緑の季節を迎えているが、今年は例年に比べ雨が多く緑が濃い。
気温も低かったので5月の初めに咲く花が今になって咲き始め、野原には人の背丈まで高く伸びたアザミが紫の花を付けている。

野生のラベンダーはまだ咲いていない。有名なプロバンスの三姉妹のセナック修道院のはもう咲いているのだろうか?
南フランスの大雨で200人が犠牲になったといテレビのニュースで言っていたので心配である。


昨晩は出産まじかのランとマツをいつもより早めに車に乗せ、森の入口まで行った。
ランを降ろしたその時、毛布に液体が付いているのを発見。
破水だ。
急遽また車に乗せ、家に引き返す。

8時半に一匹目が出て来る。
次の朝までに6匹の子が誕生した。





やはりダルの子犬は特別カワイイ!!!
まるでディズニーの映画のよう!

今までの疲れも一気に忘れさせてくれ、明日への期待となる。
これでダルのsangre real=王家の血脈は繋がっていく。



今のこの時代『建築』のRe-nacimiento=ルネサンス=再解釈+創造=誕生を幻視する。






| u1arc | サンクガットの森 | 20:24 | comments(1) | trackbacks(0) | -
バルセロナの雪

 バルセロナに大雪が降って2週間経った。

この大雪でバルセロナの北に位置するジロナでは送電線の鉄塔が倒れ、未だに電気のない生活を送っているところがあるという。家の中に発電機を持ち込み、一酸化炭素中毒で死人まででた。
私の住むバルセロナ郊外のサンクガットの街にも20cmほど積もった。

都市もそこに住む人も自然までも雪への備えがないので被害甚大である。

週末の愛犬たちとの森への散歩にも影響が出ている。
これが今日撮ったいつも通っている森の中の広い道であるが、雪の重みで松の木が根こそぎ倒れている。



マツも根こそぎ倒れた松の大木にビックリ!

こんな感じなのでいつものコースも匍匐前進を余儀なくされる。
マウンテンバイクのグループに合い通れるかどうか聞かれるので、その都度「やめた方がいいよ(Demasiado arboles)」
とアドバイスをする。



森の中のダム池は、大雪で満水状態。
ダムの上を歩いているランはこの水に見とれて、この後ザブン!

去年は強風でたくさんの木が倒れたが、今年は雪で昨年以上の木が倒れたり、大枝が折れたりしている。



雪の降った次の日の窓からの風景。
日本の雪だるまの作り方と異なり彫像的だ。



ラン



マツ

犬は喜び、野山駆け回る。






| u1arc | サンクガットの森 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
この春のサンクガットの森の収穫                野生のアスパラガスと天然キノコの王様、ポルチーニ
昨日はバルサがレアル・マドリッドに6対2の大差で勝ってほぼリーグ優勝を決め、うちの前の通りもクラクションを鳴らす車で大騒ぎで、宿敵マドリッドに勝って老若男女、市民全体がお祭リ状態である。
一夜明けても、バルセロナ市民はバルサのこの歴史的な大勝利に酔いしれている。

昨年のバルセロナの春は雨が降らず、水不足でサグラダ・ファミリアの前の公園の池も給水制限で水がなかったが、今年は天候が悪く雨がよく降った。
そのおかげで、カタルーニャのダムの貯水量は満杯になった。

この天候の異変はこの春の森の収穫にも影響が出てきている。
この時期、野生のアスパラガスの収穫シーズンなのであるが、同時にキノコの王様、天然ポルチーニ(この辺だとsepuという)が今朝も3個収穫できた。



細くて味の濃い野生のアスパラはオムレツに入れると美味しい。天然ポルチーニは、ニンニクと炒め、ねっとりしたスパゲティソースとするのが最高である。





お昼の食事はこのメニューで決まり。
今年のサンクガットの春の森の恵みに感謝!
| u1arc | サンクガットの森 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
バルセロナ、強風の被害
昨日の風が嘘のように今日は穏やかに晴れ上がった。

この風の影響で各地で被害が広がっている。JSTV国際放送の朝のNHKニュースでバルセロナ近郊の体育館が崩れ、その中にいた子どもが犠牲になったと報道されていたが、今日のLA VANGUARDIA紙朝刊によると一面を使って野球場の横にある風に吹き飛ばされた体育館の写真が出ている。この時の瞬間最大風速は160km/hで秒速に直すと、44,444…Mであったという。

9歳から10歳の4人の野球少年が亡くなったらしい。スペインではサッカーが一般的で野球は珍しい。92年バルセロナオリンピックの時に王監督率いる日本チームがこの野球場で戦っている。それ以降、野球やソフトボールがこの地域に普及し、ちょうどこの日は少年野球チームの練習に使われていたとのことである。

人ごととは思えず、この亡くなった野球少年たちに心からの冥福を祈らずにはいられない。

私の住むサンクガットの街も隣の広場のヒマラヤ杉の大木が倒れ、街頭が押しつぶされている。今日も昨日と同じ森のコースに行こうとお犬たち3匹を乗せ森へ行くが、森の入口までの道路には大木が重なり合って倒れて、電線を寸断している。お屋敷の門は倒れてきた大木で壊れている。車もそれを避けて一台がやっと通れるほどである。

あまりの衝撃的な様子に、車を止め写真を撮る。すれ違った車からも人が降りてきて“Imprecionante, no?"と言って彼もカメラを取り出している。



昨日車を止めていた森の入口に来ると、松の大木二本が根こそぎ倒れている。

一時間遅かったらこの惨事に巻き込まれていたかもしれないと思うと週末のお犬たちとの森への散歩も命がけだ。





| u1arc | サンクガットの森 | 21:19 | comments(0) | - | -
強風の中、遠くモンセラットに救世主『黒のマリア様』の姿を見た。
今日は朝から晴れているが台風並みの強い風が吹いている。
最大瞬間風速55Mを超えた所もあり、バルセロナ各地で被害が相次いだ。
JSTV日本の国際放送のニュース番組でもバルセロナでは体育館の壁が崩れて5人の死者が出たと放送している。



根こそぎ倒れた松の大木をランがビックリして見ている。

この強い風の中、愛犬3匹を連れ森の散歩である。どのコースが安全か考えた末、谷間のコースを選ぶことにする。
森に入ると木の大枝が昨夜の風でかなり落ちている。奥のほうには倒れている松の大木もある。強風がビューンと吹いてくると木々はギシギシと音を立てている。今、木が倒れてきたらどう避けたらよいのかと身の危険を感じながら山道を行くが、犬たちはいつものように元気よく森を走り回っている。
谷から尾根道に出るとモンセラットが遠くに見える。この尾根道にはコルク樫の低木しかないので安全と思って選んだのであるが、モンセラットの西の方から強風が直に吹きつけ、ゴーッと木々を揺らして鳴らし、山全体が動いている感じである。お犬たちはいつもと違う様子に心配となり、人の顔を見ながらだんだんとこちらの方に寄って来る。

今日のモンセラットの眺めは、カタルーニャの守護神=モレネッタ=黒のマリア様が寝ている横顔に見えた。



この21日には黒人初のアメリカ大統領オバマ大統領の就任式があった。

200万人以上のたくさんの人がホワイトハウス前の式場に詰めかけ、オバマ氏の就任演説を真剣に聞き入っていたのが印象的だった。

父親がケニヤ出身の黒人で、幼少の頃はインドネシアで過ごし、アメリカの大学を卒業したという人種、宗教、国籍、世代を超え、差別することなくやって行けそうな新時代のヒーローの誕生である。奥さんはアフリカから連れて来られた奴隷の子孫であるという。

そして、これからは国民と共に世界をチェンジして行こうという強いメッセージが伝わってきた。

それは黒の救世主=メシアの到来を思わせる出来事であった。

| u1arc | サンクガットの森 | 23:38 | comments(0) | - | -
これからは本当(real)のエコ建築の時代
正月元旦の朝、今年初めて3匹の愛犬ダルメシアンたちとサンクガットの森へ入る。



クリスマスの天気はめずらしく大荒れで、雨、風が激しく降り、コスタブラバの海岸は高波で海辺の町は大洪水でたいへんな被害が出たとニュースで報じられている。
我家もこの大雨で下の住人から洋服ダンスに水が漏っているとの苦情がくる。
13年前に築30年の中古マンションをセルフビルドで改築した。柱と床は鉄筋コンクリートで壁は赤レンガを積んで仕上げるというスペインでは典型的なドミノ建築構造である。
その時にオリジナルの建築図面を元に改築計画を作り、工事が簡単にする為になるべく間仕切り壁を壊さないですむようにした。しかし、床のモルタルコンクリートの中に入っていた水道管、セントラルヒーティングの配管はかなり悪くなっていたので壁を這わすことにした。
配管は床には入っていないので水漏れはないと思っていたが、翌日、保険会社の修理の人が来て、この大雨で外壁と洋服ダンスの横の間の15cmの隙間に入っている雨水管を発見。その繋ぎ目から雨水が溢れ出ていることが分かった。レンガの間仕切壁をハンマーと電気ドリルで壊し、やっと原因が解明できた。

オリジナルの図面には雨水管が建物内に書かれていなかったのでまさかの雨漏りで、開けてビックリの天からのクリスマスプレゼントであった。

このところの大雨で、4月にはダム貯水量が15%だったのが80%まで回復し、水道局にとっては恵みの雨になったのである。

森のダム湖もこのように満杯となった。
お犬たちは寒い中、水遊びに興じる。



昨年の秋はいつもは採れるキノコのロベジョンが、年を越した正月に初めて収穫できた。このキノコをこの森で農場テーマパークのオーナーに見せたら、こんなことは地元の人にもめずらしいらしく、『Feliz an~o!(新年おめでとう!)』と握手を求められた。世界的な規模で気候の変動、温暖化が進んでいる影響だと思われるが、新年早々縁起が良い。



右側にオレンジ色のボケたものが、この日収穫した唯一のロベジョン。ニンニクとバージンオリーブオイルで炒め、イタリアンパセリを散らし、おせち料理と共に今年初物の一品となった。
これで少しは寿命は延びたかな?

この大不況、地球規模の気候変動が、建築本来の姿を取り戻し、本当(real)のエコ建築時代を迎えることに期待をしよう!
| u1arc | サンクガットの森 | 05:21 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ