バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< 講演会の延期 | main | Ran Nacimiento=誕生 >>
バルセロナ工科大(UPC)建築マスターコースでの講演発表
 昨日はホームのカンプ・ノウでバルサのリーグ優勝が決まり、バルセロナの街は大騒ぎであった。

先週金曜日の講演にはバイス三兄弟のジョセプが駆けつけてくれた。
また24年前にサルバドール・タラゴのドクターコースを一緒に学んでいたジョセップ・モラも聞きに来てくれた。20年以上ぶりの再会である。
彼はドクターを取ってから大学の先生となり、今はサルバドールとSOS Monumentosという歴史的建造物の保存運動に取り組んでいるという。
建築を通じて懐かしい仲間に再会できることは嬉しい。

当時は、まさかバルセロナで世界中から来ているマスターコースの建築学生相手に自分がスペイン語で講演をしている姿を想像することができなかった。

『建築=Arquitectura』は世界言語なのだということを実感する。

最終的に講演のテーマは
"RE-interpretacion y evolucion de la vivienda japonesa"
『再解釈=再創造と日本の住宅の進化』
副題は
"Desde el punto de vista historica se ve la vivienda japonesa del siglo XXI"
『歴史的見地から見た21世紀日本の住宅』
とかなり力の入ったものになった。

一時間半の講演で100枚のほとんど自分で撮ってきた写真を使いスペインルネサンス以降、500年の日本と欧米との関係の建築の歴史を一気に説明した。

クラシック=古典を、哲学、思想の深い所まで理解し、それぞれの時代に新しい技術+材料を使い、再解釈できたものが再生=ルネサンスされ、それを積み重ね て現在に至っていてそれが建築の進化、発展の歴史となっているのではないかということである。

具体的に説明すると、

明治25年=1892年に伊東忠太は卒業論文『建築哲学』を書くが、その時日本で初めて『アーティスチック アーキテクチュル』=美術建築という西欧の概念の研究の必要性を論じている。そして『美術建築の本音は即ち建築の「プロポーション」及び「ハーモニー」を求むるにあり』とする。
それまで、西欧建築の拙いコーピー建築で終わっていた日本の明治建築は、この時点で日本建築は石とレンガの新しい建築材料を用いて進化の道を歩むことになったのである。

江戸から明治にかけて時間は切れずに流れているが、時代精神、エポックは明らかに異なる。建築の歴史を考える時、日本近代建築最初の進化の時と言うのは、忠太が西欧から『プロポーション』と『ハーモニー』の建築概念を導入したその時、1892年と考えることが適当なのではないだろうか?

それ以降、堀口捨巳、森田慶一らによる日本分離派の設立。1923年に堀口はオランダ留学し、ベルラーヘ、アムステルダムスクール、デ ステールなどのヨーロッパ近代建築運動の洗礼を受ける。また村野藤吾はアールヌーボー、表現派を好み、、前川国男らのコルビュジェ派、伊東忠太の大学助手であった谷口吉郎(卒業論文は忠太と同じく建築哲学1928年)など西欧のモダン建築に影響を受けながらも日本の木造の伝統建築を新しい建築材料である鉄筋コンクリートを使い、RE-interpreto=再解釈+再創造し、日本の近代建築を西欧との関係の中で進化発展させて行った。
 
 
 
 


コルビュジェ、シンケルがギリシアなどの古典建築をRE-interpretoして彼らの近代建築をデザインしたように、日本のこの時期の巨匠と呼ばれる建築家たちは日本の伝統的木造建築を深い所でレインタープレットしていることがわかる。


このデジタルグローバルという新しい時代(エポック)の中で、ガウディはもちろん今では近代建築の古典となってしまった、コルビュジェ、ミース、ライト、タウトなど巨匠と呼ばれる作品の建築言語も含め、原理、哲学のより深い所まで理解して再解釈+再創造を目指していくことが必要でないだろうかと言うことで締めくくった。

江戸時代の浮世絵のようにレイヤーを重ねるだけでは、3Dの『美術建築』にはならないのである。
和洋折衷的な日本の従来の皮相的な建築方法論(いわゆる『ポストモダニズム』建築)ではこのドラスティックな時代は乗り越えられないところにきていると思う。

マスターコースの学生たちは最後まで熱心に聞いてくれた。
これからの彼らの将来に期待したい。
 
| u1arc | 建築講演会 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/1088684
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ