バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< バルセロナ工科大(UPC)建築マスターコースでの講演発表 | main | ダルのパピーの名前が決まりました! >>
Ran Nacimiento=誕生
黄昏時、Can Negraの野原からサンクガット市街の眺め。
この夏至の時期、太陽はモンセラット山あたりに沈む。
9時半を回ったところであるが、まだこのように明るい。



サンクガットの森は 素晴らしい新緑の季節を迎えているが、今年は例年に比べ雨が多く緑が濃い。
気温も低かったので5月の初めに咲く花が今になって咲き始め、野原には人の背丈まで高く伸びたアザミが紫の花を付けている。

野生のラベンダーはまだ咲いていない。有名なプロバンスの三姉妹のセナック修道院のはもう咲いているのだろうか?
南フランスの大雨で200人が犠牲になったといテレビのニュースで言っていたので心配である。


昨晩は出産まじかのランとマツをいつもより早めに車に乗せ、森の入口まで行った。
ランを降ろしたその時、毛布に液体が付いているのを発見。
破水だ。
急遽また車に乗せ、家に引き返す。

8時半に一匹目が出て来る。
次の朝までに6匹の子が誕生した。





やはりダルの子犬は特別カワイイ!!!
まるでディズニーの映画のよう!

今までの疲れも一気に忘れさせてくれ、明日への期待となる。
これでダルのsangre real=王家の血脈は繋がっていく。



今のこの時代『建築』のRe-nacimiento=ルネサンス=再解釈+創造=誕生を幻視する。






| u1arc | サンクガットの森 | 20:24 | comments(1) | trackbacks(0) | -
赤ちゃん誕生!おめでとうございます。
かわいい!!!ですね。

これから6匹の子育て、大変でしょうが頑張ってください。
ウチのナビはもうおばあちゃんですが(鈴木さんに異常になついてましたね。)若い頃、子犬を産ませたくて頑張った時期がありました。
しかし、1度も成功せず、乳がんになったのをキッカケに避妊手術をしました。(その時もう8歳ぐらいでした)

今は、ネコに手を焼いています。もうすぐ1歳になりますが
やれやれって感じ。
また、子犬の画像載せてください。
| ひろみ | 2010/06/17 6:59 PM |










http://blog.u1architects.com/trackback/1088685
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ