バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< ダルのパピーの名前が決まりました! | main | サルバドール・タラゴ(Salvador Tarrago) 『歴史的建造物再生』最終講義 >>
2010年6月21日 夏至モンセラに沈む夕日
 久しぶりにマツとランを連れ、モンセラットの夏至の日の入りを見にサンクガットの森の尾根を上がる。

今日は快晴で雲一つない。夕日を見るには最高の日だ。
ランは出産後、初めての夕方の森の散歩となる。
9時半に眺望のきく尾根の頂上に到着。



太陽がモンセラットに吸い込まれるように沈んでいく。


それにしたがって聖山モンセラのシルエットが黒々と浮かび上がってくる。



神秘的な瞬間である。


この山の洞窟の中から見つかったカタルーニャの守護聖人=黒いマリヤ様の横顔に見えてきた。

やはり夏至の太陽の運行聖山モンセラには密接な関係がありそうである。



| u1arc | サンクガットの森 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ