バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< コルビュジェのマルセイユの住居単位はモデュロール寸法の原点 | main | コルビュジェの近代建築を世界遺産にするフランスの文化力    『教育・文化としての建築=アーキテクチャー』 >>
グランカスカダの家 テレビコマーシャルの撮影依頼

 

滝に水を落として2年の時間が経ち、水の落ち方も美しい自然の
『向い落ち』の滝になってきたシッチェスのグランカスカダ

昨日は私の作品であるバルセロナ自治大の日本庭園を見た広告会社の人が、ぜひ水のある日本庭園をテレビコマーシャルに使いたいというので、シッチェスの『グランカスカダの家』まで案内した。

昨日は天気もよく晩夏の強い日差しがシッチェスに照りつけていた。
植栽も根付いてきたようでジャングルのように緑が茂っていた。
こんなモダンな建物の聳え立つ所に、本当に日本庭園が見れるのかなと不思議そうに私の後ろをついてきているのを感じた。

ブザーを押すと初めにお手伝いさんが出てきて、その後、暫くしてこの家主の奥様が現れる。地上3階、地下3階で床面積が2000屬鯆兇┐觜訶,覆里能个討るまでに時間がかかるのである。
最初半信半疑であった広告代理店の人が玄関ホールに入ると、手前の石庭越しに10mの高さを超えるグランカスカダが目に飛び込んできたのでびっくり仰天している。



右の平行四辺形状の角の尖った建物はカーサ2
左の半円形状の展望台の様な建物がカーサ1

原設計はボーイガス率いるバルセロナの誇る世界の建築家設計集団MBM。
以前ブログでも書いたが、最初の段階で下りてしまったのでその後を引き継ぎ、グランカスカダプロジェクトをメインに据え、大滝のある和風庭園に建物配するというアーキテクトビルダー方式で1からやり直すことになり、設計変更を繰り返しながら7年後にようやく完成した。

このプロジェクトが、スペインでの私の稀有な建築家人生を書き留めておこうという気持を起こさせ、5年前にブログ『Fallingwater グランカスケードの家1を書き始めるきっかけを与えてくれたのである。



東屋の床下をせせらぎが東西軸線上にある池に注ぐ。
睡蓮の池になっているが、飼っている金魚に餌さとして食べられてしまってだいぶ減ってしまったと夫人は嘆いていた。



シッチェスのゴルフ場を下に見下ろすリゾート地にある。正面にある白い建物は、豪華リゾートホテルで海のカテドラルのあるシッチェスの古い町並みと地中海を望む。建設し始めた2001年はほとんど建物が建っていない造成地であった。後から建て始めたホテル建設の関係者は、ここもホテルを建設しているものだと勘違いしていたほどで、先にオープンした。











化粧打ち放しコンクリートの上にさらに白の塗装をしている。
コンクリートの型枠痕と木デッキの目地の横ストライプのコントラストでデザインしている。
地中海の強い光には幾何学図形がよく似合う。
「最近の建築雑誌に載っているスタイリッシュな建築は、いろいろな所からコピペしてやっていることが、このような本物のオリジナルデザインの建築を見るとよく分かる。」と言ってもらえた。





平行四辺形のキャンティレバー張り出しテラス。
引張り斜め材が効いている。
ガラスに真っ青な地中海ブルーの水平線が映っている。

かなり気に入ったようなのでどの場所が撮影されるのか今から楽しみである。
テレビに出たらまたプログで紹介します。

| u1arc | グランカスカダ | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/1088700
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ