バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< やはりそれでもガウディのサグラダファミリアは完成を望む | main | 続UCANDONO(右近殿)に会いたくて >>
UCANDONO(右近殿)に会いたくて

昨日12月8日『immaculada concepcion(聖母受胎)』の祭日、UCANDONO(右近殿)に会いたくてバルセロナ近郊の町マンレサ(Manresa)のイグナシオ・ロヨラ聖窟教会(LA COVA de SANT IGNASI)へ行く。



先週のNHKの番組「歴史秘話ヒストリア」でキリシタン大名、高山右近の壁画がバルセロナ近郊のマンレサという町にあるこの聖窟教会にあると番組の最後で放送されたのだ。

丁度今年の正月のブログにイグナシオ聖洞窟教会を見たことが正月最大の収穫と書いたのであまりの一致に驚いた。さすがNHKのあゆみさん。
 

 

 

1617世紀イエズス会士による初めての西欧文化の影響。当時、日本は大名、侍達の戦国時代。ヨーロッパはスペインのカルロス1世、カール洪誓札蹇璽濤陳襪了代からフェリッペ鏡い離好撻ぅ鵝Ε襯優汽鵐垢硫金期に当る。

と昨年の11月30日に
"Japon : 20siglos de Arquitectura"をテーマにして日本の2000年の建築史についてバルセロナのユネスコで講演行った。
サブテーマは[ルネサンス(再生)とレインタープレット(再構築)―西方からの日本建築に及ぼせる影響]、スペイン語では[Re-nacimiento y Re-interpretacion : Influencia del Occidente sobre la arquitectura Japonesa]

今回、高山右近の壁画があることがわかって安土・桃山時代のイエズス会を通じたスペインと日本との交流が思った以上に深かったことが解る。
利休の一番弟子でキリシタン大名であった右近が、当時のスペインハクスブルグ王室のヨーロッパルネサンスの最高の科学技術(印刷、火薬武器、羅針盤航海術等)、文化を導入し、日本で荘厳でかつ華美な安土・桃山文化の華を咲かせたのではないかという仮説が実証できたと思う。右近は当時の鉄砲、大砲を用いていたヨーロッパの築城術にも長けていたようであるが,ラテン語を理解し渡来した印刷物により最新の知識を得ていたに違いない。
ほとんどのキリシタン大名は秀吉の権力で転向した、いわゆる和魂洋才であったのが、右近殿はキリスト教を深く信じる一人の人間として生涯をまっとうしたように思える。利休が茶道を一つの宗教までで高め生涯をまっとうしたように。

この二人は宗教には権力を超える崇高な力があることに到達した人たちである。

これがUCANDONO(右近殿)のいるモザイク壁画



中央右側にいるのがJUSTO UCANDONOと書かれている高山右近殿である。
JUSTOがクリスチャン名で正義を意味するので『正義の人=右近殿』となる。
一番左にいるのはダルタルニャンの三銃士の王様として有名なフランスのルイ13世。
中央左側はカール5世の庶子でレパントの海戦を勝利に導いたドン フアン・デ・アストリア。エル エスコリアルの王室墓地に眠る。

 

 


そうそうたるメンバーの中で刀を差し、草履を履き、祈りを捧げている一人の侍。日本人JUSTO UCANDONO『正義の人右近殿』はこのバルセロナ近郊の町マンレサで頑張っている。

 

 

 

 

 

 

| u1arc | 建築文化遺産 | 18:29 | comments(5) | trackbacks(0) | -
ブログの記事、大変興味深く拝見しました。
スペインに長らくお住まいで、建築史を専門とされているのですね。

実は私もNHK番組を観ていて、スペインにある高山右近のモザイク画に興味を覚え、ブログ記事を書きました。お時間があればご覧下さい。

それにしても、右近のモザイク画、素晴らしいですね。ありがとうございました。後日、別のブログ記事で貴方のブログ記事を紹介させて頂くかもしれません。

今後ともよろしくお願い致します。
| 八木 | 2010/12/13 10:25 AM |

カトリック大阪大司教区の北摂地区大会が、2011/09/19日に行われ大司教様司式で、右近列福祈願ミサが挙行されました。

そのPRポスターに貴殿のブログに掲載されている、この御絵がありました。

小生は、右近が遙か遠い昔、すでに聖イグシオゆかりの教会に御絵があることを知り、貴殿のブログに、その詳しい紹介があるのを知り、大変な喜びを感じました。

いや、右近殿は立派立派!

死去直後にもマニラで早くも列福の動きがあったそうですが、イスパニアの地で尊敬されていたのですね。

このような紹介、心からお礼申し上げます。

ますますご活躍をお祈りいたします。
| もうろく信者 | 2011/09/20 5:01 PM |

初めてメール致します。
素晴らしい写真に感動しました!

私は、現在「高山右近」の映像制作に携わっております。
マンレーサ岩窟の壁画写真を探していて、貴方様のホームページに行き着きました。

可能でしたら、この写真を使わせていただきたいと思っておりますが、ご検討下さいますでしょうか。

よろしければメール返信くださいませ。
よろしくお願いいたします。
| 矢部 | 2013/10/29 5:01 PM |

スペインに高山右近のモザイク画があるとは驚きました。「JUSTO UCANDONO」の文字が実感をもって迫ってきます。当方が担当している紙媒体で高山右近を紹介したいと思っておりますが、このモザイク壁画の写真を使用させていただけないでしょうか。ご検討をお願い致します。ご返事をお待ち致します。なお、このモザイク壁画の制作年を在日スペイン大使館へ問合せておりますが、まだ返事がこないものですから、ご存知でしたらお教えください。よろしくお願い致します。
| 時 | 2014/05/07 3:01 PM |

このモザイク画は1915〜1922年にバルセロナのマウメジャンMaumejean兄弟によって制作されました。
| ユーイチ | 2014/05/12 6:49 AM |










http://blog.u1architects.com/trackback/1088709
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ