バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< バルセロナより 謹賀新年2011年 | main | 今年のサンクガットのレジェスマゴス=三賢王のパレードとレオナルド・ダ・ヴィンチ >>
正月の森=bosque de Sant Cugatへの散歩



18世紀小浜の若狭塗りのお重に盛り付けられた
素材はバルセロナの純和風お節
車海老,なます、玉子焼き、大鯛の刺身、キノコおこわ、蕎麦巻き、
真蛸のカルパッシオ、お煮しめ、キクラゲの酢の物、鴨肉など



 2011年のお節料理

やはり鯛と蛸はさすがボケリアというぐらい絶品もので、きりりとした辛口のBruto natural 2007 reservaのCavaとの相性も良く、幸せモードで2011年の正月を迎えたことができた。

明け方まで降っていた雨も上がりきれいな青空が広がってきて、今年最初のサンクガットの森へ愛犬3匹を連れ散歩に行く。

いつもの眺望の良い場所で霧で少し霞んだ初モンセラットを拝む。





もうすぐ12歳になるベルママ



たくましく成長したマツ



昨年ママになったラン

みんな正月から元気一杯に森を駆け抜けている。

今年は正月からこの森のめぐみ美味しいキノコの収穫もあった。



左はカマグロック。お節のおこわはこのキノコとのの炊き込みご飯。このテンプラは絶品。
右はトロンペタ。このクリームシチュウは最高に美味い。

2011年は何か収穫の予感を感じさせる。
明日に期待しよう。




| u1arc | サンクガットの森 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/1088714
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ