バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< ウィーンバロック建築はバルセロナに由来する!・?・! | main | 昨日4月30日は荷風忌 >>
今年で8年目を迎えたカン・コイでの焼きネギパーティ=カルソタダ
 毎年恒例となったマシアCan Collでの焼きネギパーティ=カルソタダがこの週末行われた。


後ろの馬はダルメシアンのようなスポットを持つ。犬も馬もダル柄だ。

2008年からカルソタダ担当シェフがジョルディとなり、毎年進化を遂げ、今年は500本ものネギをドンピシャ=puntualの焼き加減、しかも短時間に効率的に焼く方法を開発した。ネギはバイスの三兄弟のところで取れた、サイズが揃っていて味の良い本場ものを3年前から提供してもらっている。



これが2008年バーベキューを使った焼きネギ。
評判を聞きつけ年々参加者が増え、今年は500本ものネギを焼くことになったので、ジョルディは廃品のベットで大きな焼き網を用意した。それがこれ。野性味のある野外料理だ。


ネギを50本ずつ針金に通し、10束にして2束ずつ焼いていく。


薪には昨年剪定されたブドウの枝を使う。そうすると香ばしい味が焼きネギに滲み込む。


まるでメザシのように連なった真っ黒に焼きあがったネギ。


女性陣が焼きあがったネギを手際よく10本ごとに新聞紙に巻いていく。


焼きネギの後は、弱火で子羊の肉を焼く。


最後は腸詰めで閉める。


カタルーニャの伝統のポロン。この容器を使ってワインをみんなで回し飲む。
まずジョルディがお手本を示してくれる。さすがにワインを垂らすことなく上手に飲む。
上手い人は上唇にワインを当てることによって、大口を開けることなくカッコいい。

Jordi
Gema
Yuichi
Keiko



さあ アタックという感じで紳士、淑女も皆わき目も振らずガッツリと食付いている。
焦げて墨状になった外側をギュッと押すと中からトロリとした甘い焼きネギがでてくる。
Keikoが作ってきた焼きネギ用ロメスコソースも評判で、今年はさらに美味しいカルソタダとなった。
500本の焼きネギはあっという間に皆の腹に納まった。




セラミック製のダルメシアンのアンティーク置物のプレゼントを持つMaria

ネギ、山羊の肉、ソーセイジと飲み物はカバ=発泡性ワイン、赤ワインすべて地元で取れたカタルーニャやの素晴らしい食材を使って本当に満足行く美味しさで、マシアCan Collで早春の楽しい一日を過ごした。

プチホテルレストランとしての本格営業が望まれている。
| u1arc | マシアCan Coll再生  | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/1088736
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ