バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< タウト−ワタリ−磯崎 高崎でのルーツ探しの旅 | main | ガウディのモザイクタイルを生み出した絵タイル工場再生計画 >>
磯崎新の桂離宮論

先週日本から送った20キロ近くある本の荷物が届いた。

今回は郵便局の国際郵便SAL便を利用したが、日曜でも荷物を取りに来てくれ、10日で朝8時過ぎにスペインの自宅まで運んでくれた。以前は東京駅の本局まで重い荷物を運んで行き、送ったのを忘れた一ヶ月過ぎに通知が来て、バルセロナの外れの貨物駅まで車で取りに行っていたのが嘘のようだ。本当に便利になったものである。
その荷物の中には、磯崎新の英訳の桂離宮論が載っているElecta社の『Katsura』も含まれている。一冊で2.2キロある重い本である。ワタリウムでのブルーノ・タウトに関する磯崎氏の講演会後、出口で売っていたのを買い求めた。『桂離宮論』が初めて英訳され本に出たということを講演でご自身が言っていたのを思い出し、かなりの豪華本であったが、清水の舞台から飛び降りる気持ちでエイヤッ!と買ってしまったのである。そしたら急に本来の建築ミーハーが目覚め、まだ人と話していた磯崎氏本人にサインをお願いし、その本の巻頭論文である自身の名前のところにARATA Isozakiとサインして頂いた。
「光栄です。」と、もう天にも上る気持ちで感動に打ち震えながらワタリウムをあとにした。
そのサインのある英文の『桂離宮論』をこの週末イースターの休みにがんばって読んだ。たくさんの著書のある磯崎氏の日本語のどの本よりも、氏特有の文学的レトリックがないので明快で分かりやすいものであった。ブルーノ・タウトに始まる桂離宮評価の変化をエポックごとに捕らえ直し、堀口捨己、丹下健三の日本の建築デザインの伝統とのかかわり方を、その時代背景からも日本の近代建築を深く鋭く読み解いたもので建築デザイン論の力作であった。
清水の舞台から飛び降りる気持でこの本を買った自分に納得できた。
| u1arc | ブルーノ タウト | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/163050
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ