バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< マルティネイのワインのカテドラル 5 Falset | main | マルティネイのワインのカテドラル 7  El Pinell de Brai >>
マルティネイのワインのカテドラル6 Gandesa



このGandesaのワインのカテドラルは、、カタルーニャでも南西の端に位置し、サラゴサ、バレンシアの州境に近い山間にある。現在でも組合方式ワイン醸造所として機能しており、ワインのカテドラル40ある中で最大規模と思われる。最近モダンなワイン販売所(写真1)の建物が出来た所である。
カテナリー曲線のアーチ柱とボールトの建築構造で、先々回紹介したSant Cugatのものによく似ている。GandesaはSant Cugatの3年前1919に造られており、アーチ柱の高さと幅の比は、Gandesaが0.65と0.80を使っているのに対し、Sant Cugatの方は1.15である。つまり、Gandesaの方は丸みを持ったカテナリー曲線で、Sant Cugatのほうはよりシャープな曲線になっている。Sant Cugatの方は3年間の間に建築デザイン的にかなり進化したものになっていることが、この曲線のプロポ−ションを手掛かりに謎を解明することが出来た。
Gandesaの建築は、ガウディのカテナリー曲線のカタランレンガボールトの前衛的試みがなされたものであり、建築デザイン的にもマルティネイの力作である。そして、さらにその後の3年間でSant Cugatの全てが3次元までカテナリー曲線の建築へと統合が出来たと思われる。マルティネイはこの過程で、レンガ、石を使ったガウディのカテナリー曲線の技術的な面を支える弟子になりえたと考えられる。
つまり、Sant Cugatのワインのカテドラルはカタランレンガボールト建築の最終解であり、規模は大きくないがマルティネイの最高傑作であることが解った。
| u1arc | ワインのカテドラル | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ