バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< マルティネイのワインのカテドラル 7  El Pinell de Brai | main | マシアCan Coll 第1回スペインダルメシアンクラブ大会本部に! >>
バイス3兄弟セルフビルドプロジェクト10 大屋根ボールト準備



パラペットが立ち上がり、この建築一番の大工事、サロン上部の大屋根に取り掛かる準備が始まった。クライアントの希望で、さらに庇の出を1mから2.5mに伸ばし、間仕切り用に考えていた構造壁も動線と使い勝手を検証した結果、柱と梁でもたす事になり、建築構造計算をチェクし、最小限の設計変更を行った。3兄弟の工事技術を考えた上での、工事からもう一度設計にフィードバックし、現場での合理的な解決方法を見つけることができた。これにより建築空間の質がグレードアップしたように思える。また、建築家、建築技師、と造り手であり、クライアントの信頼関係が更に深まり、『この世に一つしかない、自分たちのオリジナルの建築を創っているのだ』という認識をお互いが共有することができ、この弧の長さ14m、幅7m、RCの大屋根ボールトへチャレンジする勇気を与えてくれる。どのように建ちあがってくれるか今からワクワクしている。
そこには、皆が本当の家を創る喜びに満ち溢れ、グローバル化した中で益々厳しさを増している時間とコストに縛られた建設にはない、ユートピアを見ることができる。この過程を経た建築のみが、建築が商品として消費されてしまうものでなく、文化遺産として歴史の中で生きていけるのではないかと考える。
| u1arc | バイスの三兄弟セルフビルトプロジェクト  | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/359619
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ