バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< 私の原点−石山修武さんとのセルフビルド 1983松葉邸− | main | コンクリート打ち込み当日 三兄弟のパパの活躍 >>
バイス三兄弟セルフビルドプロジェクト13 型枠、配筋工事再検査


念には念を入れ大屋根ボールトの配筋の再検査に行ってきた。
気になっていたかぶり厚が取れていないところを数箇所発見、また小梁の下に鉄筋が入り込んでいる所もあり、ジョセップに指示。
やはり現場の人間だけでは見過ごすところもあり、建築家による現場監理の必要性を実感する。
ボールト曲面屋根のコンクリートの流し込みなので、コンクリートが型枠から流れ落ちてしまわないかという不安も多少あったが、流し込みの順番と流動性を低くすることで何とか行けそうという感触が掴めた。
後は、コンクリート打設時当日の天気を祈るのみとなった。
| u1arc | バイスの三兄弟セルフビルトプロジェクト  | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/377827
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ