バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< 本家本元、カタルーニャ州庁舎内サン・ジョルディ礼拝堂 | main | バイス三兄弟セルフビルトプロジェクト22 牛の目窓から卵窓へ >>
カタルーニャ州庁舎、サン・ジョルディの間           −ルネッサンス様式の大サロン−

先日のサン・ジョルディの日、カタルーニャ州庁舎の中を久しぶりに見学できたので、サン・ハイメ広場に面するサン・ジョルディの間、ルネッサンス様式の大サロンに描かれた壁画を撮影した。
壁画は1928年に描かれたものなので歴史的価値はそれほどでもないが、カタルーニャにとって重要な12の歴史的テーマを描いている。なので、それを見ると何が彼らにとって重要な歴史的出来事であったかが分かる。
12のテーマの中で最も力を入れて書かれているのが、中央入口上部
に描かれた『コロン(ブス)を迎えるカトリック両王』である。世界的にも有名な歴史的出来事であるけれども、コロンブスが1492年アメリカ大陸を発見したとされ、翌年1493年にバルセロナの王の広場の真中でカトリック両王と謁見している絵である。そこには6人の上半身裸で頭には羽飾りを付けたインディオの姿も描かれている。その中の一人が階段を上がり、何か筒状のものを両王に差し出そうとしている。以前読んだ歴史書によると、四分の一円の階段を上り、宮殿内のティネルの間での謁見をしたとなっていた。でも、ある説によるとその時、フェルナンド王は暴漢に襲われ、怪我をしていて修道院で静養していたとかという話もある。描かれた当時よりも500年も前の話なので、画家は絵になりやすい構図を選び、誇張して頭に羽飾りのあるインディアンを描いたに違いない。コロンブス自身も謎の多い男で、4回の航海をしたが第一回航海では、カリブ海のキューバ島辺りの島々には行き着いたが、アメリカ大陸は発見していない。なので、歴史的史実に基づいたものでなく、このインディオ達の羽の頭飾りはこの画家のイメージした想像上のインディアンの姿であったと思われる。



つまり、歴史というものは、後世の権力者によって都合良く書き換えられれてしまうことがあることを知らなければならないのだ。



『ナバス・デ・トロサの戦い』
1212年7月16日、アンダルシア、ハエン近郊のナバス・デ・トロサでのアラブ、ムアヒド朝カリフとカトリック諸国連合との戦いでカトリック諸国連合が勝利し、レコンキスタの一番大きな意味なある戦いとして位置付けられている。これを機にして、以降1492年までイベリア半島のレコンキスタが続くのである。このカトリック諸国連合は、カステーリャ、ナバラ、アラゴン王国と共に、テンプル、サンチャゴ、カラトラバ、ホスピタルの騎士団連合も加わり、アラブ勢力との壮絶な戦いを繰り広げた。



この戦いの次の年には、約束されていたように、ハイメ1世がモンソン城のテンプル騎士団総長の元に預けられ、アラゴン・カタルーニャの征服王として大活躍する。この絵は、ハイメ1世ゆかりの ポブレー修道院



この絵は、ハイメ1世が1229年マジョルカ島で勝利したときの戦闘の様子を描いたもの。この時にも、サン・ジョルディが現れ、ハイメ1世を勝利に導いたとされている。
このように、カタルーニャの歴史は、全盛期であった15世紀バルセロナ中世ゴシックの時代にサン・ジョルディと13世紀レコンキスタの征服王として活躍したハイメ1世をダブルイメージさせ、サン・ハイメとして神格化して行ったように推察できる。
| u1arc | サン・ジョルディ伝説 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/553057
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ