バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< バイス三兄弟セルフビルトプロジェクト22 牛の目窓から卵窓へ | main | 滝上に建つ東屋、眺望台(casita de mirador)カーサ5 >>
『21世紀の落水荘−Falling Water−』 グランカスカダの歴史
昨日初めて大滝の水落のテストをクライアント夫婦と共に行った。そのあまりの凄さに圧倒されて、皆呆然となる。クライアントと共に共有してきた夢が現実になった瞬間である。20世紀の名建築フランク・ロイド・ライトのカウフマン邸通称、落水荘−Falling Water−を21世紀にインタープレット(日本語で現代風に言うとリメイクが近いかな)すべく取り組んできたつもりであるが、確かに『21世紀の落水荘−Falling Water−』と呼べる特別な建築になったと思う。

以前からこのブログでも紹介しているが、『グランカスカダの家』のプロジェクトを始めて既に7年が経っている。最初のブログが
Date: 2005/07/31(日) No.13で、3回にわたって次のように書いている。
バルセロナ近郊の海の別荘地シッチェスのグランカスケードプロジェクトにかかわって4年の月日が過ぎた。私のHPのカバー写真に使っている。滝の高さは10mにもなる。現在第4期工事に入ったところで、このペースだと完成は来年以降になりそうだ。これまでの建設過程は作品集under constructionで見られる。現在配管設備工事は終わり、上部せせらぎ部分の石の設置工事がようやく終わったところだ。一個2トンもある不ぞろいの苔の生えた古い岩を50個近くをジグソーパズルのようにクレーンで設置していった。なるべく自然のせせらぎのように設置していくのは大変であった。図面には起こせないので、出たとこ勝負、現場での激しいバトルとなった。ピレネーの山で見てきたたくさんの滝や、せせらぎが良いお手本となる。

Date: 2005/08/02(火) No.14
滝の部分にしっかりとした足場が組まれた。滝の部分はなるべく彫った荒い感じの岩盤をそのまま使いたいところであるが、ここの地盤は石灰岩質で一部赤土が混ざったもろい所がある。その為に一度高水圧のシャワーで洗い出し、様子を見ることにする。今回、滝の水の落ち方を模型でスタディした結果、二すじの水が向かい合って同じように落ちる「向い落」の作庭法がこの空間に映えそうだという結論に達し、用いることにした。
向って左の滝は3段落ちで10mの落差、右のほうの滝は少し中心に向って斜めに一直線に落ち、落差8mで計画した。完成したらかなり迫力のあるものが出来そうだ。またこの空間が建物と一体化しスペイン、地中海の夏の強い日差しを遮り、暑さをコントロールするエコテック機能を期待している。出来上がるのが楽しみだ。

2001年4月に造ったオリジナル模型。この模型からすべては始まったといっても良い。この模型を初めて紹介したブログ。


Date: 2005/08/03(水) No.15
5年前、私の家の改築とガーデンデザインの仕事を気に入ってくれたクライアントが、友人を紹介してくれた。シッチェスに家を建てたがっているが、今の建築家のデザインが気に入らないので相談に乗って欲しいということであった。案内された場所は、ゴルフ場のすぐ上の丘に広がる地中海を一望できるすばらしい立地の4千峭盖虔譲地であった。プロジェクトはすでにボーイガス率いる世界的にも著名な建築家事務所のMBMですでに実施設計も終わっていた。設計変更するにも恐れ多い大先生である。しかし、図面を見るとあまりにも鋭角な平行四辺形プランで家としてはスタイル先行していてかなり住みにくそうであった。この建物に合ったランドスケープの計画をするということで大滝のプロジェクトを提案したのが、事の始まりであった。(写真は大滝の模型2001年4月作成。)シンメトリー幾何学的なプランを庭と建物が空間的に融合する日本庭園独特の作庭法を取り入れ、平行四辺形の平衡を崩し東西軸に合わし鈍角とした。それにより庭空間の中に建物を入れ込むという日本建築的空間となった。

2001年12月、右の台に置かれた模型を見ながら大滝部分を地面にマーキング。


2003年5月、石灰岩の岩盤に『向い落ち』の二筋の滝の道をつける。崖に赤と青のバルサカラーで塗られた所。右のRCの構造物は、正三角形プランの主屋の重心から東西軸上に計画し、雨水を溜めておく貯水槽と機械室、屋上部分は、東から西へと流れる川の流れとなっている。滝つぼに落ちる2本の滝とせせらぎをくだりこの東西の流れに合流する3本の水の流れで構成されている。この敷地に降った雨をこの貯水槽に溜め込み、それを滝として循環させるというエコシステムを考えたものとなっている。



2008年4月、入り口玄関ホールからの眺め。滝両側には、額縁のごとく10cm厚の黒の自然石(玄昌石)で高く積み上げられた。


そしてこれが玄関ホールからの滝が落ちてくる眺め。
夢が現実のものになった瞬間である!


滝の水量は、それぞれコントローラーで調節できる。綺麗に落ちる時の目盛りを確認し、左の滝が三段に綺麗に落ちるように滝の道を調整することにする。また、その真下には高さ2mの花崗岩の古い石を立て、鯉石とする。古くからの言い伝えによると、鯉は滝を登り竜になるという。正しくキーストーンである。この滝はカーサ1の南西側に位置し、風水上、龍門瀑となっていることからその縁起をかつぎこのようなイメージが湧いてきた。

完成するのにもう一息の所まで来た。滝面にはポケットを掘り、そこに植栽するというアイディアを造園家の薗田さんから助言をいただき、この場所でも大丈夫という植物をクライアント夫人と共に、ガーデンセンターまで選定に行ってきた。また、せせらぎの上に東屋を造るというアイディアがなかなか受けられずに苦労したが、1/30の詳細な模型を創ることで最終的に受け入れられた。カーサ5(casita de mirador)として滝上に乗っかる。

この滝の音を聞きながらのここからの青い地中海の眺めは、喧騒なこの世を忘れさせてくれるに違いない。


| u1arc | グランカスカダ | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/558741
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ