バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
<< テラサ(Terrassa)のガウディ −ムンクニール(Muncunill)− | main | グランカスカダ最期の格闘 2                 『画龍点睛の鯉魚石』 >>
グランカスカダプロジェクト最期の格闘 1            『この滝は大蛇アナコンダ』
この1週間、選んできた大石たちとの格闘であったが、何とかグランカスカダと建物内部の石庭が空間として統合され、収まってきたように思える。
中南米人の職人が、「この滝はアナコンダのようだ。」と言う。
「そう。、鯉が滝を登リきった所で龍になるという中国古来の伝説に基づいて創ったんだ。」と説明すると、
彼は、「そうか、なるほど。」と頷く。



昨日、滝の落ち方の試験を行ったが、2トン近くあるであろうと思われる鯉魚石に見立てた花崗岩の大石も、このグランカスカダには設置してみると少し背が低く、滝筋を調整するための工夫がさらに必要になった。

完成まで、後もう一息である。
| u1arc | グランカスカダ | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.u1architects.com/trackback/643669
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ