バルセロナ建築漫遊記

バルセロナからの気ままな発信です。
昨日9月18日は『パリからバルセロナへ』到着26年目の記念日
昨日9月18日は私たちのバルセロナ到着記念日である。

26年前、パリでルノー5のかなり走り込んだ中古車を15万円ほどで買い、一般国道をリモージュ、カルカソンヌと2日かけてひたすら南下し、ピレネーを超えてバルセロナまでの1200キロの道のりを、当時8ヶ月の身重の妻と一緒に辿り着いたことを今でも鮮明に思い出す。
(筑波万博での国連館爆破解体を終えて、バルセロナまでのエピソードは2004年5月の建築雑誌『新建築』STAND POINTというコラムにも掲載された。)

そして夕方近くにバルセロナに着き、港近くのホテルの前に車をとめて夕食から戻ってきたら、車の中の荷物はすべて盗られていた・・・

到着初日待っていたのは厳しいバルセロナの洗礼であった。

あれから26年。いろいろなことがあったが、このバルセロナで建築家としてやっていられるのは、ガウディが生涯追い求めていたような奥の深いarquitectura=西欧建築への想いと、バルセロナの街の恵まれた環境のせいであろうかと思う。


世界中のメディアにも9月11日のカタルーニャの祭日Diadaでの150万人デモが報道されているように、バルセロナではindependencia=独立気運が高まっている。

今までは自分はカタラン人でないからという理由でこの式典までは実際に見たことはなかったが、このところのスペイン経済危機でカタルーニャの民族意識が高まっているのを感じ、今年はバルセロナの街にくりだし市民と共にこのDiadaを体験してみることにした。



メトロのarc de triomf=凱旋門駅を上がると人が続々と集まってきている。ESTELADAといわれるカタルーニャの独立国旗が巨大なレンガ造の凱旋門の入口いっぱいにはためいている。その下では当時の衣装を着た軍隊が銃を持って整列し、オーストリアの宮廷風の指揮官が命令を下しているようなテアトロをしている。




どうもここが起点となり式典が始まったらしい。
このムデハール様式のレンガ造の凱旋門は1888年、バルセロナ第1回目の万博の時に造られたものだ。今はシウダレラ公園となっていて白ゴリラのいた動物園としても有名であったが、1714年の継承戦争の時は、ここの城壁がフェリペ5世スペイン国軍に破られ、バルセロナの街が攻め込まれ占領された因縁の所である。占領された後にはシウダレラという外城がバルセロナの街に幾何学的な寄生虫の如く取り付いていた。それを19世紀中頃の産業革命で地方から人口が流入し、カタルーニャ復興運動(レナシェンサ)の高まりと共に、外側の城塞を取り壊すバルセロナ拡張計画=セルダのエンサンチェプランで整備された。

このレンガ造の凱旋門も、REPUBLIC=共和国の象徴であるパリの凱旋門に倣って、スペインアラゴン地方によく見られるのムデハール様式で創られのではないかとふと思い付いた。
多分この門には当時のアラゴン・カタルーニャ共和国の想いが込められたものであったのだ。

よく見てみると、両脇に2本ずつ4本の付柱が上まで通っている。その上には王冠がそれぞれ付いている!
これは正しくアラゴン・カタルーニャ王国の紋章で、それぞれの柱はアラゴン(サラゴサ)、カタルーニャ(バルセロナ)、バレンシア(バレンシア)、バレアレス(パルマ デ マヨルカ)の4つの都市国家を表したものだ。



この夏のバカンスでは26年ぶりにパリに1週間ほど滞在し歩き回った。その時に撮ったパリのエトワール広場の凱旋門。

ここから星型放射状に12本のAvenue=並木のある大通りが拡がる。そのうちの1本がシャンゼリゼー通りで、ルーブル宮正面ファサードの中心軸となっており、現在はルーブル博物館の入口のガラスのピラミッドを原点としてルーブル宮入口に建つ古代ローマのセプティミウス・セルウェス凱旋門を模して造られた第1のカルーゼル凱旋門からこの第2のエトワール凱旋門のアーチを通過し、デフォンスの第3の凱旋門と言われるLa GRANDE ARCHEまで延びている。



ルーブル宮正面ファサードの中心軸と現在のルーブル博物館の入口のガラスのピラミッド。



古代ローマのセプティミウス・セルウェス凱旋門を模して造られた第1のカルーゼル凱旋門。

ナポレオンによる古代ローマーーー>共和国ーーー>ミッテラン20世紀大パリ近代化国家を凱旋門でシンボライズするパリの一番重要な歴史都市軸となっている。

今回の旅行では世界の観光地『花のパリ』という以上に、18世紀末に王政から市民革命を経てREPUBLIC=共和国を最初に成し遂げたフランスとその都市計画とモニュメント建築を中心に見て回り、近代国家を生み出した共和制の重要性を確認できたことが収穫であった。

古代ローマのティトゥス帝の単一アーチ凱旋門をベースにして50m近くの高さまでそのまま拡大し、フランス市民革命後に共和国のシンボルとして造ったものである。マッス=ボリュームのプロポーションは同じでもオーダー柱、装飾のないのっぺらぼーの表面にレリーフ彫刻を施したものなのでヌボーとデカイ感じがして建築尺度的には締まりないと思う。

ルーブル博物館のM.I.Pei設計のガラスのピラミッドから南北軸=子午線を降ろしてみると、それがダヴィンチ・コードで有名になった丁度1672年にクロード・ペローによるパリ天文台を通るローズラインとなっていることが分かった。
これがルーブル博物館ニケの彫像の近くの床に打ち込まれているのを見つけたARAGOの記念メダジョン。



このローズラインはバルセロナまで繋がっていく。それを実際に測量したのがアラゴン・カタルーニャ貴族で南仏のペルピニアン出身の天文学者で19世紀の初めにダンケルク、パリ、バルセロナの子午線上を実測して回ったのがフランソワ・アラゴである。1830年パリ天文台長になりドームの観測所を屋上に設置する。また、共和国政府時代にはフランス歴代25代の大統領にもなった。



パリ天文台。クロード・ペロー(1667−72)このファサードの中心軸がパリ子午線=ローズラインとなっている。左屋上にあるドームはアラゴにより1830年に創られた。

この時にパリーーー>バルセロナのRepblic=共和主義はローズライン上に引かれていた。

話はパリの19世紀の共和国時代まで行ってしまったが、バルセロナに戻そう。



1714年継承戦争で命を落としたDiadaのシンボルラファエル・カサノバの像に向かって行進する兵隊達。いでたちからして1711年に神聖ローマ皇帝になったカール6世率いるオーストリア軍のようだ。



カサノバ像の前でカタルーニャ伝統の人間ピラミッド=カステジェスを披露している。



手を上げグルッと一回りして参ったカタルーニャの市民に挨拶。



黄色地に赤の4本線のカタルーニャの横断幕と花束を持って続々と市民がやってくる。



カサノバ像の前に置かれた花で飾られたたくさんのカタルーニャの紋章。午前11時半近く。
これから午後にかけてもカタルーニャ中から参列者が続く。





カタルーニャ独立の旗を振る若者。老若男女世代に分け隔てなくどんどんと人が集まってくる。
午後にかけても集まってくる人は途絶えることなく、カタルーニャ広場を中心として、通りは身動き取れないほどに膨れ上がった。

この日集まった人たちは150万人を超えたという地元警察の発表であった。
独立!独立!と過激に騒ぐのではなく、カタラン文化を共有する楽しいお祭り気分の人々であった。

スペイン経済危機で9月から付加価値税がさらに21%にも上がり、それを全てマドリッドの中央政府に持っていかれてしまうというカタラン人の抗議のマニフェストのように見えた。

これからカタルーニャは共和国独立の方向へストレートに行かないと思うが、もし、このまま中央政府が頼りなくEU離脱の危機が来たら、独立してEUに残る道を取るに違いない。

| u1arc | バルセロナの街 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
EU経済危機もなんのその。 スペインサッカーユーロカップ優勝
昨夜はスペイン中がユーロカップ優勝に酔いしれた。

このところのEU経済危機で危ぶまれているPIIGS諸国のスペインとイタリアとの決勝。
スペインは2008年ユーロカップ優勝以来、2010年ワールドカップ、今回勝てば歴史に残る3連勝ということで大いに盛り上がった。ゴールキーパーでキャプテンのイケル・カシージャスは守護神と祭り上げられ、バルサのチャビ、イネスタを始め7人の選手が2008年から参加していて特に今回の優勝は期待されていた。

テレビ中継が始まると道路から車と人が消え、普段はサッカーに熱心でない私も久しぶりにテレビ中継に見入った。

前半はスペインチームのパスが中盤でイタリアに早めにカットされ、すばやい攻撃で危ないところ場面が何回もあったが、守護神イケルがゴールをよく守った。
一点目は中央バルサのイニエスタからのパスが右サイドのセスクに繋がり、そこからセンターに出したボールにシルバがタイミングよく綺麗にビシッとゴール!!!
2点目は、今度はこれもバルサのチャビから走り込んできたジョルディにオフサイド紙一重の絶妙なパスを出しゴール!!!
これで、イタリア選手の動きが止まり、後半はスペインの一方的なパスサッカーで、イギリス、チェルシーで活躍しているトーレスが得点と完璧なアシストで4点目で、4−0のスペイン圧勝!!!

そして3大会連続優勝、最強のスペインナショナルチームとして伝説となった。

勝った瞬間「スペインやった!!!」と叫んでいる自分がいた。
Yo soy espanyol=私はスペイン人化が進んでいるのを実感する。
(スペイン人でもバルセロナのカタルーニャ地方は、自分はスペイン人だと言いたがらないが、ユーロカップのこの時期、この歌をよく聞いた。でも、優勝後バルサのチャビは黄色地に赤4本線のカタルーニャの旗を身に纏い、やはりバルサのセスクと一緒に掲げて写真を撮ってもらっていた。)

優勝翌日のマドリッドでの凱旋パレードには、伝説の勇者達を100万のスペイン人が出迎えた。
EU経済危機もなんのその。スペインはサッカーと観光で十分やっていける。



 
| u1arc | スペインサッカー | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
上野の国立博物館に向かい合う父=谷口吉郎と子=吉生の建築

 

このパネルは6年前、バルセロナにあるラサール大学建築学部の建築展の為に作成した谷口吉郎のパネルである。
伊東忠太は明治25年(1892年)卒業論文『建築哲学』で西欧の建築概念[architecture]=[美術建築]とインタープレットし導入した。それに続く第2世代(1920年から1945年)の[美術建築]を進化させた建築家として堀口、村野、前川、谷口の4人を選んだ。谷口も指導教授伊東忠太の下で1928年に卒業論文『建築哲学』を提出している。

[美術建築]にとっていかに哲学が重要なテーマであることが分かる。

前回のブログでは三ノ輪の浄閑寺内にある永井荷風墓碑で建築家谷口吉郎の凄さを実感できたが、その近くにある代表作の一つ上野の国立博物館・東洋館にも行ってきた。



正面にある本館は1938年に瓦屋根ののった<帝冠様式>で渡辺仁設計で建った。当時建築デザインに屋根が乗った<帝冠様式>を要求したコンペとなり、前川国男等いわゆる外観的にフラットルーフが特徴のモダニズム建築を目指していた建築家達から批判され、建築論争にまで発展した。その時あえて<帝冠様式>を無視しミース風のモダニズムの建築を提案して落選した前川は『負ければ賊軍』という論文を発表している。



その向かって右手にある谷口吉郎設計の東洋館、1968年竣工。
これまで谷口が好んで使ってきたテーマである和風の『高殿造り』のデザインである。
縁側回廊、高欄の手摺と軒の深い屋根、それを支える8本のすらっとした柱頭のない柱で水平線を強調してモダンでエレガントなシンメトリーのファサードを構成している。
所謂ジャポニカスタイルと当時批評されたが、今改めて見ると本館の<帝冠様式>を超えた格調高い建築になっていると思う。



今までは東洋館に向かい合うように建っていたのは、1908年赤坂離宮を同じ年に竣工した片山東熊設計のルネサンス様式の表慶館であったが、その奥に新しく法隆寺宝物館が建っていた。
薄く水を張った池に玄関までスーと延びる橋の様なアプローチ。この繊細なモダンな建築は吉郎の子=吉生のデザインと確信する。
長いこと海外に住んでいると日本の多量に垂流されている建築ジャーナリズム情報に汚染されていないので素直に建築物と向き合えるのがいい。



低く抑えた入口に向かって池の中を渡るアプローチ。
ガラスのスクリーンに映し出される博物館敷地の風景。これも一つの借景となって美しい。
ファサード部分の天上を4本の細長い鉄柱で支えられたシェルターが深い軒で影を作り、映画のスクリーンの様になっているのだ。この4本の鉄柱で仕切られた空間はこの建築のモデュールで、この建築の尺度を規定していることを表していて、この建築の比例システムを構成していると思われる。

この建築のフォルムが美しいと感じるのは、建築の統一と調和の原理である比例と尺度のシステムによって構成されているからだと考えられる。
ギリシア建築の古典建築原理を研究したシンケルを留学先のドイツで学んだ父=吉郎の遺伝子を子=吉生もしっかりと継いでいる。



館内より入口部分。法隆寺回廊の連子窓子をイメージしてデザインしたと思われるファサードスクリーン(カーテンウォール)部分。その前には深い軒下空間があり、その前には池庭空間が広がっている。外部空間との間に2層のレイヤーをかけ内部空間との緩衝空間を設けて、美しい池庭空間を内部に引き込もうとする日本的空間の特性をインタープレットを行っている素晴らしい空間だ。

父とは異なった方法で日本的空間のインタープレットして自分の作品としているのが興味深い。
この上野の国立博物館内に向かい合う建築によって、父=吉郎の進化系が子=吉生であることを実感させる。





館内には建築業協会賞受賞のプレートが貼ってあった。
やはり設計は谷口建築設計研究所となっていた。
竣工は平成13年(2001年)とあるので、伊東豊雄さんの仙台のメディアテークとほぼ同時期に建ち上がっている。

この二つの建築は20世紀の建築を超える21世紀の建築を創ろうとする建築家の強い意志が感じられる力作である。
| u1arc | 谷口吉郎、吉生 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
昨日4月30日は荷風忌
 昨日4月30日は永井荷風の亡くなった荷風忌で、私の57の誕生日であった。

荷風は文京区にある付属小、中、高校の大先輩にあたり、18歳で吉原を知り、アメリカ、フランスでなど外国生活も長く、その文学作品と粋な生き方に昔から憧れをおぼえてきたのである。

今回は3月から4月にかけて日本に一時帰国した際に、都電で終点三ノ輪まで行く機会があり、ついでに浄閑寺内にある谷口吉郎がデザインした永井荷風の墓碑に参ることにした。
東京下町のブラ散歩名人だった荷風は、浅草、吉原のこの界隈を好んで散歩していたようで、特にこの吉原の投げ込み寺で知られる閑浄寺には好んで通ったようだ。
そこに葬られたいと記していたその想いを叶えることになったらしい。

それで1963年荷風が亡くなった4年後に、遊女らの『新吉原総霊塔』と向い合せに谷口吉郎設計で完成した。

墓碑は大谷石6段積みの壁でL字型に囲われている。





明治の女性が愛用した花畳紙を象ったモニュメントの墓碑。

一辺が20兩吉角形で高さが30僂△蝓▲好─璽妊鷸困両豆色の御影石で彫られている。
背景の壁の中央の目地と正八角形の正面の荷風の自著の文字が彫ってある一辺を合わすようにデザインしてある。
背景の壁は90+20+90=200の長さの大谷石が墓碑を中心にしてシンメトリーに積まれていることになる。
墓碑の台座にはこれもスエーデン産の黒御影石のを磨きこんだものを使い、ベースは多分国産の稲田石の白御影石を切り出した状態で使っているのではないかと思われる。
この白ー>黒ー>赤のボリュームのプロポーションと色と形のコントラストが絶妙にデザインされていて風格があり美しい。

この中には偶然のことから発見された荷風の2本の歯がここに収められ、一種の分骨になっているとのことである。


荷風墓碑から遊女らの眠っている『新吉原総霊塔』を眺める。


荷風墓碑入口前に立つ『新吉原総霊塔』


この黒御影の石板に書かれた詩文は、『偏奇館吟草』中の奇しくも《震災》であった。
90+20のモジュール壁4.20mにしっかりと嵌め込まれている。
(この震災とは1923年に起きた関東大震災で、特に下町のこの辺りでは大火でたくさんの人が亡くなった。)

この荷風墓碑で、シンケルにも通じるギリシア建築のモニュメント性を深いところで理解し、デザイン設計している谷口建築の凄さを再確認した。

谷口建築作品に日本的伝統と格調を感じるのはそれ故なのだということが理解できた。
今回の一時帰国の最大の収穫であった。

| u1arc | 谷口吉郎 | 13:05 | comments(1) | trackbacks(0) | -
今年で8年目を迎えたカン・コイでの焼きネギパーティ=カルソタダ
 毎年恒例となったマシアCan Collでの焼きネギパーティ=カルソタダがこの週末行われた。


後ろの馬はダルメシアンのようなスポットを持つ。犬も馬もダル柄だ。

2008年からカルソタダ担当シェフがジョルディとなり、毎年進化を遂げ、今年は500本ものネギをドンピシャ=puntualの焼き加減、しかも短時間に効率的に焼く方法を開発した。ネギはバイスの三兄弟のところで取れた、サイズが揃っていて味の良い本場ものを3年前から提供してもらっている。



これが2008年バーベキューを使った焼きネギ。
評判を聞きつけ年々参加者が増え、今年は500本ものネギを焼くことになったので、ジョルディは廃品のベットで大きな焼き網を用意した。それがこれ。野性味のある野外料理だ。


ネギを50本ずつ針金に通し、10束にして2束ずつ焼いていく。


薪には昨年剪定されたブドウの枝を使う。そうすると香ばしい味が焼きネギに滲み込む。


まるでメザシのように連なった真っ黒に焼きあがったネギ。


女性陣が焼きあがったネギを手際よく10本ごとに新聞紙に巻いていく。


焼きネギの後は、弱火で子羊の肉を焼く。


最後は腸詰めで閉める。


カタルーニャの伝統のポロン。この容器を使ってワインをみんなで回し飲む。
まずジョルディがお手本を示してくれる。さすがにワインを垂らすことなく上手に飲む。
上手い人は上唇にワインを当てることによって、大口を開けることなくカッコいい。

Jordi
Gema
Yuichi
Keiko



さあ アタックという感じで紳士、淑女も皆わき目も振らずガッツリと食付いている。
焦げて墨状になった外側をギュッと押すと中からトロリとした甘い焼きネギがでてくる。
Keikoが作ってきた焼きネギ用ロメスコソースも評判で、今年はさらに美味しいカルソタダとなった。
500本の焼きネギはあっという間に皆の腹に納まった。




セラミック製のダルメシアンのアンティーク置物のプレゼントを持つMaria

ネギ、山羊の肉、ソーセイジと飲み物はカバ=発泡性ワイン、赤ワインすべて地元で取れたカタルーニャやの素晴らしい食材を使って本当に満足行く美味しさで、マシアCan Collで早春の楽しい一日を過ごした。

プチホテルレストランとしての本格営業が望まれている。
| u1arc | マシアCan Coll再生  | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

このページの先頭へ